WordPress

超便利、Search Regexでワードプレス全記事のタイトル・文字列を一括置換!!

Search Regexとは?

ビジネスでお金を生み出す日下部です。(^^)
ブログで、あなたの稼ぎになる情報を発信しています。

 

Search Regexは、記事のタイトルを変更しても、全ての記事を一括で変更したタイトルに置換してくれるプラグインです。

 

記事の投稿が増えてくると、別の関連記事へのリンクも増えてくるかと思います。

もし、リンク先のタイトルを変更した場合・・・全ての記事のタイトル文字列を変更する手間が発生しますよね?

 

まだ記事数が少ないのであれば、手動で変更すれば問題ありませんが、記事数が増えると、どの記事にリンクを貼ったかなど覚えていないと思います。

そんなときは、Search Regexで全ての記事のタイトルを一括変更して時短しましょう。

Search Regexのインストール

それでは、これからプラグインのインストールをしていきます。

もし、プラグインを初めてインストールするのであれば、こちらの記事を参考にしてみてください。

プラグインのインストール方法を図解と動画で初心者にわかりやすく解説【WordPress】

 

プラグインのインストールには、まずワードプレスにログインしてください。

管理画面左のメニュー項目の中からプラグイン→新規追加を選択します。

 

右上にある、プラグイン検索窓にSearch Regexと入力して検索してください。

プラグインが表示されたら、インストールを開始して有効化にしましょう。

管理画面に戻り、左のメニュー項目にあるツールの中を確認します。

Search Regexが表示されていれば、インストールは完了です。

Search Regexの設定

インストールは完了できましたか?

次にやることは、Search Regexの使い方を解説していきます。

 

操作画面は英語表記になるのですが、操作箇所も少なく、かんたんに文字列の置換が可能です。

では、わかりやすく操作箇所に➀〜➆までの番号を振りました。

順を追って解説をしていきましょう。

 

➀Souce

まずは、Souceの部分をクリックすると、プルダウンで項目が選択できます。

たくさん種類がありますが、この中で使用頻度が高い3つを解説しましょう。

  1. Post content → 記事の本文
  2. Post title → 記事のタイトル
  3. Post URL → 記事のURL

以上の3つが比較的使うSouceです。

中でも主に使うのは、「Post content」になります。

 

あまり使うことはありませんが、念のため他の項目の使い方も記載しておきます。

  • Comment author  → コメントの名前
  • Comment author email  →  コメントのメールアドレス
  • Comment author URL → コメントのURL
  • Comment content → コメントの内容
  • Post content → 記事の本文
  • Post excerpt → 記事の抜粋
  • Post meta value → 記事のカスタムフィールド
  • Post title → 記事のタイトル
  • Post URL → 記事のURL

Souceは、どの箇所の文字を検索・変更したいかを選びます。

たとえば、記事の本文にあるURLタイトルの文字を変更したい場合は、「Post content」を選択しましょう。

 

➁Limit to

Limit toは、置換をする上限数の選択になります。

No limitは、全ての文字を一斉に置換します。10を選択すると、10個ずつ置換。

 

➂Order by

Order byは、検索をすると下に検索結果が表示されます。

その順序を昇順に並べるか・降順で並べるかの選択になります。

  • Ascending → 昇順
  • Descending → 降順

 

➃Search pattern → 変更したい文字を検索します。

➄Replace pattern → ここに入力した文字に置換をします。

 

➅Regex

Regexは、正規表現と呼ばれる設定です。

簡単に解説すると、置換するときのパターンの設定です。

 

たとえば、Wordpressをワードプレスに置換する場合

case-insensitiveにチェックマークを付ければ、

  • WordPress
  • WordPress
  • wordpress
  • wordPress

上記の全ての文字が置換対象になります。

チェックマークを入れない場合は、WordpressとSearch patternに入力すれば、その文字だけが置換対象です。

 

【Regex】

  • case-insensitive → 大文字と小文字の区別なく置換します。
  • multi-line
  • remember to surround your regex with a delimiter!

※ここは、内容が少し専門的なので、チェックマーク無しで大丈夫です。

 

➆Search

全ての入力と設定が完了したら、

  • Search → 該当の文字を検索
  • Replace → 該当の文字を置き換えるのみ
  • Replace&Save → 該当の文字を置き換えて保存する

文字の検索をして変更保存する場合は、Replace&Saveを選択すれば問題ありません。

Search Regexの使い方

それでは、設定がわかったところで、実際にプラグインを使って文字の変更をしてみます。

たとえば、以下の画像のように別記事のタイトルを変更した場合。

タイトルを「これだけでアフィリエイトの仕組みがよくわかる!初心者のためのアフィリエイト入門講座」から

「この記事を読むだけでアフィリエイトの仕組みがよくわかる!初心者のためのアフィリエイト入門講座」に変更したとします。

 

引用リンクは自動でタイトルが変更されますが、テキストリンクは手動で変更しないと変更されません。

今回は、このテキストリンクを一括で変更します。

 

SouceでPost contentが選択されているのを確認しましょう。

 

Search patternの欄には、

「これだけでアフィリエイトの仕組みがよくわかる!初心者のためのアフィリエイト入門講座」と入力します。

 

そして、Replace patternの欄に置換したい文字

「→この記事を読むだけでアフィリエイトの仕組みがよくわかる!初心者のためのアフィリエイト入門講座」を入力して「Replace&Save」をクリックしてみてください。

※「→」はリンクとわかるように追加しているだけなので、必要なければいりません。

このように表示されれば置換成功です。

上の画像は、10個に置換が反映されたという意味です。

すると上記画像のように、記事にあった全ての文字が置換されているのが確認できます。

もし変更されていない文字があれば、半角スペースなどが入っていないか確認してみましょう。

WordPress内で一括置換に関するまとめ

使い方は、マイクロソフトエクセルやワードの置換と同じ方法です。

変更したい文字と、置換えたい文字を選択して入れ替えます。

 

その作業を全記事一括で編集してくれるのが、このSearch patternプラグインです。

これで、いちいち手作業で一つ一つ記事の変更をしなくても、一括で文字を変更できるので、時間の節約にもなり便利ですよね?

 

使い方も簡単なので、記事が増えてきてリンクを付けているタイトルの変更をした際に使ってみてください。

ABOUT ME
Qusakabe
趣味:筋トレ、ゴルフ、麻雀、ネット、息子(2)・娘(0)と遊ぶこと。 12時間以上拘束されるのに残業代も一切でない超どブラック会社を2社経験。 「会社ってこんなものなのか・・?」っと疑問を抱き、「これだけ頑張れるなら自分で起業してもそこそこやっていけるだろう」と感じたことから起業を決意。 現在は、法人7期目の代表取締役を継続中。 ウェブで稼ぐための情報を発信しています。