WordPress

記事の公開前に他人に記事確認が依頼できるWordPressプラグイン【Public Post Preview】

Public Post Previewとは?

ビジネスでお金を生み出す日下部です。(^^)
ブログで、あなたの稼ぎになる情報を発信しています。

 

Public Post Previewは、Wordpressのプラグインで公開前の記事を第三者が確認できるプラグインです。

 

作成した記事を公開前に確認してもらいたいときってありますよね?

例えば、一般公開前の記事を顧客や上司に見せて、公開の承認を得たい場合など・・・。

 

その他にも、WordPressにログインできない(したくない)環境で、一般公開前の記事を確認したい時にも使えます。

「下書き」「予約投稿」「レビュー待ち」の記事に対して、一時的な確認用のURLを設けることができるプラグインです。

 

さらには、確認用のURLにも有効期限を設定したりすることができます。

特に必要な設定なくかんたんに使用できるプラグインです。

Public Post Previewのインストール方法

WordPressに初めてプラグインをインストールするのであれば、詳細なプラグインのインストール方法を、こちらの記事まとめてありますので参考にしてみてください。

プラグインのインストール方法を図解と動画で初心者にわかりやすく解説【WordPress】

 

インストール手順は以下になります。

  1. 管理画面からプラグイン→新規追加を選択します。
  2. プラグイン検索窓に「Public Post Preview」を入力してプラグインの検索をします。
  3. Public Post Previewが表示されたらインストールボタンをクリックして、その後に有効化にします。

Public Post Previewの使用方法

①共有したい記事を作成します。

※下書きにする前では、特に変化はありません。

②記事を「下書き」「予約投稿」「レビュー待ち」に設定すると、「外部確認を許可する」という項目が現れます。

③こちらのチェックボックスにチェックを入れると、共有用のリンク(URL)が表示されます。

④このリンクをコピーして、見せたい相手にURLを送るだけで、公開前のページを確認してもらうことができます。

※記事の状態が「非公開」または「既に公開されている」場合には、このプラグインの機能を利用できません。

※一時的な確認用のURLには、パスワードなどの認証機能は付いておらず、どの端末からでも公開前の記事を閲覧できます。

記事閲覧の有効期限設定

一時的な確認用のURLには、有効期限があります。

初期設定では、48時間になっています。48時間を過ぎると、記事を閲覧できなくなります。

そこで、有効期限を設定したい場合の方法を2つご紹介します。

functions.phpをカスタマイズする方法

ファイルをカスタマイズするには、functions.phpに設定します。

例)5日間追加する

※プログラムファイルを書き換える方法です。中~上級者の方法になります。

※誤って別の場所を書き換えるとサイトが表示されなくなったり、バグが出る可能性もあるので注意が必要な方法です。

Public Post Preview Configuratorを使用する方法

先程と同様に、管理画面から「Public Post Preview Configurator」というプラグインをインストールしましょう。

※functions.phpをカスタマイズしたくない場合は、こちらのプラグインを使用しましょう。

 

インストールをしたら、設定したい時間を入力するだけで使用できます。

例えば、24時間の閲覧期限を設定したい場合は、24と数字を入力します。

Public Post Previewの使い方に関するまとめ

Public Post Previewは、公開前の記事を他人に確認をしてもらいたい場合に役に立つワードプレスのプラグインです。

インストールして有効化するだけでカンタンに使用をすることができます。

 

設定をすれば、URLの閲覧期限も決めることが可能です。

記事の公開前に、添削や内容の確認をしてもらってから公開をしたい!という場合に利用してみてくださいね!

 

この記事を読むだけでアフィリエイトの仕組みがよくわかる!初心者のためのアフィリエイト入門講座

ABOUT ME
Qusakabe
趣味:筋トレ、ゴルフ、麻雀、ネット、息子(2)・娘(0)と遊ぶこと。 12時間以上拘束されるのに残業代も一切でない超どブラック会社を2社経験。 「会社ってこんなものなのか・・?」っと疑問を抱き、「これだけ頑張れるなら自分で起業してもそこそこやっていけるだろう」と感じたことから起業を決意。 現在は、法人7期目の代表取締役を継続中。 ウェブで稼ぐための情報を発信しています。