WordPress

WordPressで作ったサイトにHTMLサイトマップを自動で作成するPS Auto Sitemapプラグイン

PS Auto Sitemapとは?

「PS Auto Sitemap」は、ウェブサイトやブログにサイトマップを自動で作成してくれるワードプレスのプラグインになります。

サイトマップとは、下の画像のように、ウェブページをわかりやすく一覧表示させるものです。

ワードプレスにサイトマップを設置するメリット

サイトマップがあるとサイト全体が一覧で確認できるようになります。

ページがたくさんあるウェブサイトにとっては、もくじのような役割です。

 

さらに、ウェブページを新規で更新しても、その度にサイトマップに記事の追加をするのは手間ですよね?

PS Auto Sitemapは、自動でサイトマップにウェブページを追加をしてくれるので、手間いらずなプラグインなのです。

 

では、インストール方法と設定方法について解説していきます。

PS Auto Sitemapプラグインのインストール

まずプラグインのインストールをしていきましょう。

ワードプレスでプラグインのインストールをはじめてするということであれば、こちらの記事を参考にしてください。

プラグインのインストール方法を図解と動画で初心者にわかりやすく解説【WordPress】

 

プラグインのインストール方法は、まずワードプレスの管理画面にログインします。

管理画面の左にメニュー項目がありますので、その中のプラグインを選択して新規追加より行ってください。

 

新規追加をクリックして画面が切替ると左上にプラグインの検索窓があります。

そこに「PS Auto Sitemap」とプラグイン名を入力します。

 

目的のプラグインが見つかったらインストールして有効化にしてください。

PS Auto Sitemapの設定

■サイトマップ用の固定ページの作成

まず最初に、サイトマップを表示させるための固定ページを作成する作業を行います。

ワードプレスの管理画面から設定を確認してみましょう。

インストールが完了していると、設定のところに「PS Auto Sitemap」が表示されますので、クリックしてください。

 

クリックすると、PS Auto Sitemapの設定画面に切り替わります。

画面をスクロールして最下部を確認してください。

ご利用方法の2に、「 <!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –> 」というタグがありますので、まずはこちらをコピーしてください。

 

次にダッシュボードの固定ページから新規追加を選択します。

新規固定追加ページを作成します。

タイトルを付けて先程コピーをした、「 <!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –> 」をテキストとして貼付けましょう。

 

ここで注意をしてほしいのは、右側にある「ビジュアル」と「テキスト」タブの切替を必ず行うようにしてください。

貼付けをする場合は「テキスト」を選択します。

 

ビジュアルにそのまま貼付けをすると、Ps Auto Sitemapが表示されない状態になります。

テキストで貼付けをしたら、そのまま公開ボタンを押してページを公開しましょう。

サイトマップを表示する記事ID

記事を公開したら、「変更をプレビュー」をクリックして作成した固定ページを表示させてください。

自分のサイトが表示されたら、URLの部分を確認してみましょう。

「id=4014」という数字が確認できると思います。この数字が記事のIDということになります。

※このid=の後にある数字は人によって異なります。

 

自分の記事のIDがわかったら、数字の部分だけでいいのでコピーをしてください。

IDをコピーしたら、PS Auto Sitemapの設定画面に移動します。

赤枠の部分に先程コピーしたIDを貼付けして、変更を保存ボタンで保存します。

先ほど作成した固定ページを確認してみましょう。

 

このように表示がされていたら作成完了になります。

Ps Auto Sitemapその他の設定

表示設定

「ホームページの出力」、「投稿リストの出力」、「固定ページリストの出力」のチェックマークは、どのページをサイトマップに表示させたいかの選択になります。

サイトマップに表示をさせたいものをチェックマークしてください。

  • ホームページの出力→トップページ
  • 投稿リストの出力→ウェブページ
  • 固定ページリストの出力→固定ページ

出力階層制限

こちらの項目は、カテゴリーの階層によってどこまで表示させるかの設定になります。

デフォルトでは、「制限なし」となっていますが、最大で第10階層まで選択可能です。

 

親カテゴリー→子カテゴリー→孫カテゴリー・・・っとカテゴリーを増やしていくと階層がどんどん深くなります。

そのカテゴリーをどこまで表示させるかの設定です。

先に出力するリスト

投稿ページと固定ページのどちらを先の表示させるかの選択です。

先に表示させたい方を選択しましょう。

カテゴリーと投稿の表示

同一マップ内と投稿の分割の2パターンを選択できます。

  • 同一マップ内→サイトマップを1つのページで表示させるようにします。
  • 投稿の分割→サイトマップをカテゴリーページ毎に表示させるようにします。

除外カテゴリと除外記事

サイトマップには表示させたくない除外ページの設定をします。

ここには、カテゴリ・記事のIDをそれぞれ入力するようにしてください。
※記事のID方法を確認する

除外するカテゴリや記事が複数ある場合は、上図のように数字をカンマで区切るようにします。

スタイルの変更

スタイルはサイトマップのデザインになります。

以下の中ならデザインを選択しましょう。

  • スタイルなし
  • シンプル
  • シンプル2
  • チェックリスト
  • 蛍光ペン
  • ドキュメントツリー
  • 付箋
  • 音譜
  • 矢印
  • ビジネス
  • 牽引
  • アーバン
  • アンダースコア
  • キューブ

ここからそれぞれ選択したときのデザイン画像を載せておきますので参考にしてみてください。

◆スタイルなし

◆シンプル

◆シンプル2

◆チェックリスト

◆蛍光ペン

◆ドキュメントツリー

◆付箋

 

◆音符

◆矢印

◆ビジネス

◆牽引

◆アーバン

◆アンダースコア

◆キューブ

キャッシュの使用

キャッシュとは、ウェブページの表示を早めるためのものです。

 

チェックマークを付けていると、例えばURLを変更した際に更新に対応できなかったりする場合があります。

また、キャッシュ系の他のプラグインをインストールしている場合、競合して不具合が出てしまう可能性もあるようです。

 

チェックマークを外しても特に支障はないので、外すことを推奨します。

HTMLサイトマッププラグインに関するまとめ

PS Auto Sitemapは、サイトマップを自動で更新するワードプレスのプラグインです。

ウェブサイト全体がどのよなウェブページがあるか一覧で把握できるようにした「もくじ」になります。

 

設定していると、ユーザーがどんなウェブページがあるのかひと目で確認できて、他のページとリンクしていないページも見てもらえる可能性があります。

さらに、SEOにも効果があると言われています。

 

サイトマップには、HTMLサイトマップとXMLサイトマップがあり、SEOに効果があるのは、検索エンジン向けのXMLサイトマップサイトマップと言われています。

ただ、HTMLサイトマップもユーザーに対して利便性を向上させるものになるので、全く効果がないかと言えば、多少の効果はあると思います。

 

もしSEOに効果がある、XMLサイトマップの設定も同時にしたい場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。

【Google XML Sitemaps】検索エンジンに表示させるために、初心者がやっておくべきプラグインの設定を解説!

ABOUT ME
Qusakabe
趣味:筋トレ、ゴルフ、麻雀、ネット、息子(2)・娘(0)と遊ぶこと。 12時間以上拘束されるのに残業代も一切でない超どブラック会社を2社経験。 「会社ってこんなものなのか・・?」っと疑問を抱き、「これだけ頑張れるなら自分で起業してもそこそこやっていけるだろう」と感じたことから起業を決意。 現在は、法人7期目の代表取締役を継続中。 ウェブで稼ぐための情報を発信しています。