自己紹介

 

はじめまして日下部です。

縁あってブログを読んでいただきとても嬉しいです。

 

自分は30代、既婚(妻・子1人)、現在は法人2社を経営する代表取締役で、

社員、アルバイトを含めると30人程度の中小企業です。

 

父は会社勤めの調理師で母親はパートで仕事に出ている普通の家庭で育ちました。

事業をしている身内などいなく、会社は一代で創業して現在は法人5期目になります。

 

この様に書くと成功者とか実力があるからとかイメージされるでしょうが、

事実は真逆で、容量が悪く失敗した数は計り知れません。

 

人の言うことを素直に聞いて実行していれば・・・

自分の考えを頑固に貫き通して後悔した経験もたくさんあります。

 

このプロフィールでは自分がオンラインとオフラインで、

ゼロからどのようにして現在に至ったかを書いてみようと思います。

 

私も以前はフリーターや会社員でした。

 

プロフィールをご覧いただければ、

「こんな人間でも行動すれば結果が出るんだな」と感じてもらえると思います。

 

自己紹介も兼ねて私のプロフィールを紹介していきますので、

少々お付き合い願います。

半端じゃなく辛かった不動産営業マンの日々

 

自分は20代後半まで会社に就職するということもなく、

無職のときもあれば工場に派遣されて労働したり、

仕事を辞めては職を転々としていました。

 

20代前半は将来のことなど何も考えてなく、

同じく将来など何も考えてない友達と遊びまくる日々。

 

向上心のカケラもなく、ただ無駄な毎日を過ごしていました。

 

20代も後半に差し掛かり、本屋でたまたま”金持ち父さん、貧乏父さん”という

本を立ち読みしたのがキッカケで、不動産に興味を持ち始めました。

 

普段はマンガばかりで、本など読んだりしなかったのですが、

書店がオススメしていたこともあり、少し読んでみると面白そうだったので、

そのときは購入して自宅でじっくりと読みました。

 

本を読み「お金持ちになりたいなら不動産を購入すればいいのか!」

そんな単純な動機から、不動産会社に勤めればお金をもらいながら、

不動産の情報と知識が手に入るゾ。

 

なら不動産会社で働こう!

 

さっそく行動に移し、ハローワークで不動産会社の求人に的を絞って面接に行きました。

 

一番最初に紹介された不動産会社にめでたく?

採用が決まったのですが、その会社がなんと!

松崎しげるより色が黒い、超どブラックな企業だったのです。

 

毎日、8時に朝礼を開始。

そこから帰宅するのは23時になるのは当たり前。

もちろん残業代など出るわけもなく・・・

 

仕事内容は、毎日、毎日ひたすら

販売マンション近辺での住宅営業。

 

1棟、1棟、インターホンを鳴らしながら

朝も昼も夜も同じ地区をぐるぐる回り

まずはモデルルームに来てもらうアポ取りをするのです。

 

最初のうちは入社したてだったこともあり、ガッツで乗り切ってましたが、

1週間が過ぎ、1ヶ月が経過する頃には、ウンザリして

インターホンも押すことができなくなってしまいました。

 

さらには理不尽なことや意味不明なことを押し付けてくる上司。

社内でも変わり者と評判の人間が上司になってしまったのです。

 

気性が荒く別の課の課長と営業成績を争っているときは、

ピリピリムードでその辺に八つ当たり。

怒りの矛先が自分に向けられることもありました。

 

不動産のような人生で1度購入するかしないかの金額の商品を

即断で購入する人などあまりいません。

よっぽどのお金持ちなら別でしょうが・・・

 

毎日、断られる事が仕事になり、

上司からは文句を言われ、帰りは遅いし人からは煙たがられるし・・・

 

人間関係と仕事へのストレスが絶頂に達するちょうどその頃、

「この仕事もう辞めよう」とトドメになった、ある事件が起こりました。

 

それは、いつも通りインターホンを鳴らし

綺麗な女性が住んでいないかなぁ〜なんて、

ドアの前で営業スマイルをして余裕をかましていると、

物凄い勢いでドアが開きました。

 

その勢いに驚いて、一瞬何が起こったのか理解できないまま

次の瞬間、「帰れぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」という

物凄い怒鳴り声と共に塩を思いっきりぶっかけれました。

 

全てが一瞬の出来事だったため、自分はそれが塩だともわからず

スーツに付着したモノをはたき落としてフッと顔を上げると、目の前には

見た目が60代くらいのオッチャンが包丁を持ち、猛牛の如く興奮しながら

仁王立ちしているではないですか!!

 

自分は「部屋を間違えましたスミマセン!」と

とっさに謝罪をして後ずさりをすると、

これまた物凄い勢いでドアを閉められ事なきを得ました。

 

よし、辞めよう。

 

一切の迷いはなく社長に退社したい意志を伝えて会社を去りました。

インターネットビジネスとの出会い

 

会社を退職したのち、知人を頼って東京のアパートに転がり込み居候を始めます。

その知人の紹介で歌舞伎町の焼肉屋で働くことになりました。

 

そこは前回勤めていた不動産会社よりも、さらに労働時間が長く

15時に仕込みがあるので、出勤してから朝5時の閉店まで、

じつに14時間は労働してました。

 

もちろん残業代など出るわけもなく・・・・

 

知人の自宅に転がり込んで少し経つと、

たまたま同じアパートの別の部屋に空きが出たので

居候生活から一人暮らしを開始しました。

 

月に25万の給料から家賃、光熱費、食費、交通費、通信費を

差引すると遊ぶお金や新しい洋服を買うようなお金はあまり残りません。

 

当時付き合っていた彼女とのデートの回数も我慢するような生活ぶりです。

 

月にあと3万でも収入を増やしたい・・・

でもバイトするにも労働時間は長いし休みは不定休だし。

 

当時、趣味で作った自作のパソコンで

ネットサーフィンをしていたところ、

パソコンを修理してオークションで販売するブログを目にしました。

 

パソコンの修理なら自宅でもできるし、

オークションは、以前不用品を出品してみた事があるな・・・。

 

一番のメリットは自宅でもできること。

 

ブログで仕入れツアーとセミナーの募集が開始されていたので、

迷うことなく申込みをしました。

 

AKB48が秋葉原の街を賑わし始めたちょうどその頃。

秋葉原の一本裏路地にある、PCジャンクストリートを

仕入れた商品袋を両手にぶら下げて

手がはち切れんばかりに歩き回っていました。

 

夏の日差しが強く、汗がだくだくになりながら

仕入れツアーで教わった店舗に足を運び、

休日1日使って仕入れをします。

 

仕事がある日は帰宅後に修理の日と

オークションに出品する日に分けました。

 

修理の方法もセミナーで教えてもらい、

もともとの自作PCの知識と合わせ、

ようやく1台出品までこぎつけました。

 

1台目のPCで手にした利益は3000円と

労働時間に比べれば少ないものでしたが、

自分で稼いたという喜びの方が大きかったです。

 

そしてこのときがインターネットビジネスに出会った瞬間でした。

より効率化を求めて終わりなき旅

 

休日は仕入れ、仕事がある日は仕事が終わってすぐさま帰宅。

シャワーを浴びてからが自分のネットビジネススタートです。

 

金曜日と土曜日の飲食店はお客さんが集中して混むため

帰宅してからの疲労が半端なく出品作業をしながら

ウトウトすることもしばしば…気づくと寝ているときもありました。

 

それでも月の収入を少しでも増やしたくて我慢して続けていましたが、

少しずづ仕入れに行く回数が減り、部品取りのPCの置き場が部屋を圧迫して

結局途中で仕入れを辞めてしまいました。

 

仕入れに行かずに自宅で完結できるビジネスはないだろうか・・・

路頭に迷った捨て犬の様に、ネット空間をさまよい情報を求めました。

副業系のブログを読み、たくさんのメルマガに登録しました。

 

その中の一つに輸入転売系の情報があり、

在宅で完結できそうな感じの内容だったため試しに購入してみました。

 

海外のオークションサイトから安く商品を購入して日本で販売する。

送料や経費を含めても利益がでる商品を仕入れて販売するビジネスです。

 

クレジットカードを利用して仕入れをすれば、支払いをカードの支払い日にズラせる上に

マイルが貯まるカードを利用すればポイントがどんどん貯まるという特典付き。

 

そして最大のメリットが仕入れから販売までを自宅のみで完結できるということ。

さっそくジャンクPC修理販売から輸入転売にシフトしました。

 

このとき、より仕入れ資金を作るために、まずは自宅にあった不用品を

オークションで販売することにしました。

 

気合を入れて販売すること1ヶ月。

仕入れ資金として70万円の現金を作ることができました。

 

大事にしていた高価なネックレスやブレスレット

趣味だったDJのターンテーブルとレコード

ゲーム機やゲームソフトなどなど。

 

儲かったらまた買えばいいや。

 

そう割り切ってすべての身の回りのものを出品した上に、

他人からも不用品をもらい販売しました。

 

そのくらい本気でこのビジネスに取り組みました。

地元に帰郷して起業

不動産会社に勤めていたときに作ったクレジットカード6枚と

不用品をオークションで販売して作った資金70万円を元手に

海外のオークションサイトで商品を購入し日本のオークションサイトで販売。

 

最初は全く思うようにいかずに利益がでませんでした。

このときになると慣れたものかセミナーに足を運ぶ回数も増えて

同じように在宅でビジネスをしている知り合いがたくさん増えました。

 

ライバルであり同志である知り合いが、続々と結果を出す中で

自分にもできなわけがないと信じて努力し続けました。

 

8ヶ月もした頃、ようやく利益が出始め10ヶ月目には

粗利で100万円を達成することができました。

 

そのときに感じたことですが、

案外100万円を稼ぐことは、

考えているほど難しくはないという事。

 

仕入れた商品が届いてみたら壊れていたり、

商品が1ヶ月以上も届かなかったり

箱を空けたら本体はなく説明書だけ届いたり・・・

 

どうしようもないトラブルが続出しましたが、

それでも諦めないで突き進んだ結果、自分でも稼ぐことができました。

 

ただ・・・

 

恥ずかしい事も包み隠す申し上げると、

大きく利益が出ていた期間は4ヶ月程度

 

一つの商品がたまたま当たっただけでした。

 

その後は下降線を辿り、

親からもお金を借りるハメになります。

その額300万円。

 

利益が出たとき調子に乗って、そのお金で飲みに行き

洋服を購入して消費をしてしまいました。

 

自分はこのときビジネスの素人で

粗利と純利の区別もつかずにビジネスをしていたので、

売上から仕入れ代金を差し引いた金額が

儲かっている額だと思っていました。

 

実際には送料や税金や広告費やシステム手数料を差し引くと

マイナスになっているのも気づかずに。

 

親から借金をして投入したお金も赤字が続きジリジリと

なくなり始めたその頃、母親から突然電話が入りました。

 

その内容は父親が余命宣告を受けたというものでした。

 

携帯電話を持ちながら、その知らせを受けて

何も考えられずに呆然としばらくその場に立ち尽くしました。

 

母親からの言葉は、

 

「東京から地元に戻ってきて欲しい。」

 

中々芽が出ないオークションビジネスに警告とも取れる虫の知らせだったのでしょう。

自分は東京生活に終止符を打ち地元福島に帰ることを決意しました。

 

その頃になると倉庫を契約して荷受けと梱包と発送は業者にお願いをしていたので、

特に東京にいなければならない理由はなかったのです。

 

福島に戻ってからもインターネットでの物品販売は継続していました。

 

ちょうど東日本大震災から1年が経過する頃。

 

地元の友だちに数年ぶりに会うと、とても忙しくしており、

別の場所に支店を出すから手伝ってもらいたいとお願いされました。

法人化から年商数億円企業へ
「会社のPCでインターネットビジネスをやっていていいから、

管理する人間を雇うまで支店にいてもらえない?」

 

地元の友達は復興の忙しさもあって会社を拡大しており、

震災前は個人事業主だったのですが近く法人にするとの事でした。

 

自分が支店で任されていたのはお金の管理。

仕事を終えて会社に戻ってくる従業員に前借りのお金を渡してあげる役割でした。

 

たまに友達が会社の状況を見に来る程度で、

ほとんど自分はインターネットビジネスをしていました。

 

そんなある日、事務所を見に来た友達から

仕事を振ってあげるから、事業を起こしてみないかと誘われました。

 

そのときの自分はネットビジネスで大きな結果を出していたわけではありませんでした。

復興関係のビジネスは今しかできないし、ネットビジネスは落ち着いてからでも再開できるな・・・

 

友達からの誘いを真に受けて、次の日には在庫を販売した利益を順繰り起業資金に回し

事業をおこなっていくために必要な備品を買い揃えました。

 

その当時の事を日記を書いていたのですが、最近たまたま手帳を発見したので

当時の心境を振り返ってみると、笑ってしまうくらい不安なことばかりが記載してありました(笑)

 

今では普通に思えることも何も知らない初めての頃は

とにかく不安で不安で仕方がなかったみたいです。

 

それでもその不安を打ち消すためには行動するしかなかったのです。

 

友達に誘ってもらったのはキッカケで、

自分でやると決めた以上は自己責任。

失敗しても友達のせいにはできません。

 

友達に仕事をもらう以外にも自分で取引先を開拓していき、

良いと思ったアイディアはとにかく実行していきました。

 

最初の頃は在庫品を販売しながらだったため、

睡眠時間も休日もなく仕事をしていました。

 

久々に会った友人に、目の下のクマが凄くて驚かれた記憶があります。

 

そして、トコトン突き詰めたい自分の性格が功を奏したのか、

復興の大波に乗ることができ会社を成長させることができました。

 

従業員も集まり、取引先もたくさん増えました。

自然と自分が開拓した業者と長く取引する様になり、

友達から仕事をもらうことも、最初のスタート時点だけでした。

 

同じ年の友達が会社を成長させられたんだから、

自分にもできないわけがない。

 

内心では友達の会社を追い越すことを目標に努力を重ねてきました。

4つの法則に当てはまる最強のビジネスモデル

 

会社を起こして最初は資金的に厳しかったのですが、

事業が軌道に乗り始めると売上も利益もどんどん膨らみました。

 

親から借りた300万と商品を仕入れたカード枠900万

合計で1千万円ちょっとの借金も返すことができました。

 

このときになると色々な経営者と会うことも多くなり、

人と会うことで自分をさらに成長させる事ができました。

 

新たに銀行や国庫から資金を調達したりして、

数年前とは違いビジネスをしている実感はありました。

 

これが後々あとには引けない原因になるとは思わずに・・・

怖いもの知らずで突っ走り続けていました。

 

そして売上も利益も増えていくその裏で、

悩みやトラブルも増えていきました。

 

復興関係の仕事がなくなったらどうしよう。

 

まわりの経営者も次の道を模索し始めていく中で

ご多分に漏れず自社でもネットビジネスを再開しました。

 

以前、セミナーで知り合った知人が結果を出していると聞き

連絡してみるとコンサルを募集するとのことだったので、

プライドを捨てお願いしてみました。

 

知人は快く引き受けてくれました。

金額も40万円と高額でしたがお願いしました。

 

高額でしたが、ここで投資をしてよかったと思います。

利益になる時間を圧倒的に短縮することができましたし、

40万円以上の情報をもらうことができました。

 

しかし最終結果ですが、本業のトラブル続出と

以前よりも情熱がわかずに40万円支払って

事業としてビジネスに成長するまでには至らなかったです。

 

これは自分の責任だったと思っています。

 

そんな中、ブログでホリエモンビジネス4原則みたいな感じのビジネスモデルを目にしました。

 

4原則とはズバリ

1.小資本で始められる
2.在庫を持たない
3.利益率が高い
4.毎月の定期収入が確保できる

 

振り返ってみると自分がやってきたビジネスは、

このどれにも当てはまることはないビジネスだったのです。

 

それではこの4原則に当てはまる最強のビジネスモデル

それがインターネットビジネスである情報発信でありアフィリエイトです。

 

ビジネスは入り口が重要だと、このとき実感をしました。

 

何も考えずに手当たり次第に参入すると

最初はよくても、自分のように後から痛い目に会います。

 

銀行から運転資金と設備資金を借りて、

なおかつ従業員も雇用をしてしまうと

なかなか自分一人の意思では”やーめた”という訳にはいきません。

 

そんなことは普通の人なら判断が付くと思いますが、

容量が悪い自分は考える事もせずに

ただガムシャラに突っ走ってきてしまいました。

私があなたのためにできること

 

ビジネスの入り口が重要な事に気がついてからというもの、

とにかくアフィリエイトを中心に学習を進めてきました。

 

なぜならアフィリエイトに可能性を感じたからです。

自宅でできる、時間をつくれる、小資本でスタートできる、利益率がよい、

在庫をもたなくていい、やり方によっては毎月の定期収入も見込めます。

 

そして、雇用を増やさなくてよい。

 

本気の本気でアフィリエイトを本業にするつもりで、

自分と妻子の食い扶持をつくるために必死になりました。

 

今後はネットビジネスで学んだ事やこれまでの経験を

余すことなくお伝えしていこうと思います。

 

自分は、しなくてもいい失敗もたくさんしてきました。

お金がもらえないことも経験しました。

仕事があると言われて準備していたのに、

実際にはありもしない幽霊話に騙された経験もしてきました。

 

6日で400万円を純利で稼いだ事もあります。

アフィリエイトについても猛勉強してきました。

そして累計で7億円は売上あげました。

 

● 平成25年度 【売上高】129,248,935円

● 平成26年度 【売上高】277,624,400円

● 平成27年度 【売上高】219,462,000円

● 平成28年度 【売上高】167,927,000円

● 平成29年度 【売上高】386,160,000円

5期売上累計1,180,421,935円です。

 

とにかく色んな経験と失敗とトラブルを重ねて、

たどり着いた今だから皆さんにお伝えできる情報がたくさんあります。

 

ここまで読んでいてくれたあなたには

失敗や回り道はしてほしくありません。

 

自分で稼げるスキルが上がれば収入も増やせます。

リスクを取って稼ぐための回り道などしなくていいのです。

そして何より自分で稼ぐ事ができれば、

毎日が楽しくて仕方がありません。

 

この経験をあなたにもしてもらいたいです。

 

そしてたくさん稼いでもらい、

稼いだあなたと情報交換や

ビジネスについてたくさん語りたいです。

 

そしてたくさん遊べる友達を増やしたいと思っています。

結びに

 

最後までお付き合いくださりありがとうございます。

少しだけと思ったのですが書いていくうちに、

とても辛かった当時のあんなことやこんなことを

思い出しながら書かせていただきました。

 

ここに書いたものは一部で、

まだまだ書き足りないことがたくさんありますが、

それはまた別の場所で、機会があればお話をさせていただきます。

 

ここまで読んで下さった方は、こんなに容量が悪く失敗している人でも

稼ぐことができるんだと思っていただけたのではないでしょうか。

 

とにかく自分でビジネスをやるぞと心に決めて行動しているうちに、

あなたを取り巻く状況というのは目まぐるしく変化していきます。

 

それは、それは、言葉では言い表しようがない感覚です。

収入が大きく増えると、考え方も稼げる考え方に変わっていきます。

 

そのようになれば、あなたは通勤ラッシュに揉まれながら、決まった時間に決まった場所に出社をし、

尊敬もできない上司から、ウダウダ言われて我慢する生活に戻ろうなど微塵も思わないと思います。

 

少なくとも自分は、塩をまかれた会社員時代に戻りたいとは思いません。

 

そしてもっと早く行動しておけばよかった・・・

そう思うようになると思います。

 

アメリカで80代以上の老人へアンケートを取った面白いデータがあります。

質問
「人生で最も後悔していることはなんですか?」

ダントツの一位は
「チャレンジしなかったこと」です。

決して無理はしなくても、自分にできることから始めるでもいいと思います。

一番サイアクなのは行動もせずに嘆いてばかりいる人です。

 

人生は一度きり

 

これは自分の座右の銘です。

あとから後悔しても時間は二度と戻りません。

 

ここまで読んで下さった、あなたのお役に立てれば幸いです。

 

↓ ↓ ↓

あなたの収入を飛躍させるネットビジネス初心者講座をのぞいてみる