ビジネス

人にお願いをする方法を知るだけで、1日を48時間にすることも可能!?「忙しい」が口ぐせの方のための最強の外注化戦略

あなたをもう一人増やす外注化戦略

ビジネスでお金を生み出す日下部です(^^)
ブログで、あなたの稼ぎになる情報を発信しています。

 

アフィリエイトで稼ぐための方法のひとつとして記事の外注化があります。

記事の外注化とはどのようなことかというと、

❏ Lancers

http://www.lancers.jp/

 

❏ Crowdworks

https://crowdworks.jp/

 

上記のようなクラウドソーシングサービスを利用してあなたの記事を書いてくれる人を探します。

クラウドソーシングサービスとは、仕事の依頼主と働き手を結ぶマッチングサイトです。

 

仕事の依頼は多岐にわたります。

ライディング、デザイン、データ収集、プログラミングなどなど、私も何度も利用していますが、ハッキリ言って便利です。

 

ネットショップをやっていたときに、デザインをお願いしたのですが、かなりのクォリティに仕上がったうえに価格も安く抑える事ができました。

 

当時の記憶ですがデザインを会社に依頼すると20万くらい取られるところを5万円くらいでやってもらえたのです。

 

今から自分で一から覚えて、ウェブサイトのデザインを整えていくよりも何十倍も早いですし、いいウェブサイトが出来あがりました。

 

デザインをお願いしている間の時間に、自分は他のもっと利益に繋がる重要な作業を進めることができたのです。

 

さらには、商品登録作業のような誰でもできる作業をクラウドソーシングサービスで募集をしました。

 

多数の応募の中から、商品登録専用の外注さんを3人くらいに絞って登録作業の依頼を決めたのです。

 

夜、わたしが寝ている間にも商品点数は増えていきます。

 

数千点の商品登録を3人の外注にお願いしたことで、自分一人では到底ムリだった作業を完成させることができたのです。

 

アフィリエイトであれば、記事の更新を依頼することができます。

サーバーにインストールする方法や自己アフィリエイトの手順など、誰でもできるような記事はバンバンお願いしてもいいかと思います。

 

自分の言葉で書かないと嫌だという方は、見直しだけ自分でやればいいでしょうし、外注に書き方や注意点などを教えてあげれば、それなりに仕上げてくれます。

 

やり方の手順のようなマニュアルを作成すれば、お願いをするときにマニュアルを読んでもらうだけで、作業の説明すら必要なくなります。

 

記事の価格もピンキリで1記事1000円とか、500文字以上500円とか、依頼主や記事の内容によって様々ありました。

 

この辺の価格については、外注化マニュアルとクラウドソーシングサービスの使い方などと共にまた別の記事にて詳しく紹介しようかと思っています。

 

1日1記事を書いている人は、外注に1日おきに記事を依頼すれば、あなたの作業は2日に1回の記事を更新すればいいのです。

 

これが数千円からの費用でできるって、自分の時間をつくれると考えれば、コスト的に安いと思いませんか?

時間を買うという考え方

外注にお願いする割合を増やせば、自分の手元から記事の更新作業も手放すことができるようになります。

 

あなたはあなたしかできない記事の更新に専念するか、ランディングページを作成するか、メルマガを書きためるかなど別の作業ができるようになります。

 

お金に直結するより重要な作業ができるようになります。

大事な部分にあなたの時間を集中させるのです。

 

誰でもできるような単純作業は、人にお願いして時間を買うイメージを持ってください。

そうすれば1人で作業をコツコツ進めるよりも、圧倒的に早いスピードで作業量がこなせるため、結果に到達するスピードも増していくのです。

 

かくいう私もこのような記事を書いてますが、始めは外注に仕事をお願いすることにためらいがありました。

 

どのように人にお願いすればいいかわからなかったし、とにかく自分で何でも抱え込みたい病だったのでしょう。

 

でも慣れます。

 

デザインをお願いしたところから考え方が変わりました。

「あ、お願いした方が断然早いしいいのができるな。。。」

 

そのように感じた私は、誰でもできる作業にこだわりを持つのを辞めました。

同時に、外注から納品されてきた商品のチェック作業に切り替えることができたのです。

 

外注さんが育って慣れてくれば、自分なんかよりももっといいものを作ってくれる能力高めな人もたくさんいます。

 

その逆で途中で連絡取れなくなる人などもいますし・・・・。

 

そこはビジネスにトラブルはつきものと割り切ってでも外注に任せる価値はあると思います。

 

仕事のお願いの仕方が最初はなかなかイメージが付かないと思いますが、慣れてくればどういう人が好ましいか、わかるようになります。

 

この辺の情報もまた無料レポートにでもまとめてみようと思います。

まとめ

・誰でも書けるような記事から外注化をしてみよう

・1日に作業時間が限られているのであれば人の力を借りてみる

・外注にお願いすれば、自分はより重要な仕事に集中することができるのです。

ABOUT ME
Qusakabe
趣味:筋トレ、ゴルフ、麻雀、ネット、息子(2)・娘(0)と遊ぶこと。 12時間以上拘束されるのに残業代も一切でない超どブラック会社を2社経験。 「会社ってこんなものなのか・・?」っと疑問を抱き、「これだけ頑張れるなら自分で起業してもそこそこやっていけるだろう」と感じたことから起業を決意。 現在は、法人7期目の代表取締役を継続中。 ウェブで稼ぐための情報を発信しています。