ビジネス

ブログとメルマガで収入を得るための仕組みの構築方法と自動化までの全容を公開‼️

ビジネスでお金を生み出す日下部です。(^^)
ブログで、あなたの稼ぎになる情報を発信しています。

 

収入が自動で入ってきたら毎日筋トレ三昧だぜ!ムキッ

 

この記事では、まずブログ・メルマガで収入を得るための仕組みの構築方法について、全体像を解説。

そのあとに、構築した仕組みを自動化へ移行する方法についてお伝えします。

 

本のもくじを眺めるような感じで、全体的にどのようなことをしていくのか?

まずは、全体像を把握をこの記事で掴みましょう。

 

大雑把で構いませんので、ブログとメルマガで収入を自動化するまでに必要なことを理解して下さいね!

それでは、これから解説をしていきます・・・が、

 

まだアフィリエイトの仕組みを理解していない方は、ますこちらの基礎編を読む様にしてください。

そうすることで、より理解が深まり、内容を理解しやすくなりますので確認しましょう。

 

この記事を読むだけでアフィリエイトの仕組みがよくわかる!初心者のためのアフィリエイト入門講座

ブログ・メルマガで収入を得るための仕組みとは?


ブログ・メルマガアフィリエイトを取り組む最終目標は、収入の自動化です。

 

「収入を自動化することなんてできるの?」

そのように感じたかと思いますが、これから解説する方法を使って仕組みを構築していけば、収入を自動化することは可能です。

 

収入の自動化によって、時間的にも経済的にも余裕が生まれるライフスタイルを実現さていきましょう。

 

それでは、「仕組み」とは一体どのようなものでしょうか?

 

たとえば・・・不動産収入を得ている人をイメージしてみてください。

不動産物件を持っているオーナーは、不動産物件がお金を稼いでくれますよね?

 

自宅でくつろぎながらでも、毎月家賃収入が通帳に振り込まれてくる状態。

このように、あなたが何もしなくても、お金が生み出される状態が仕組みです。

 

まずはこの仕組みを、インターネットを利用して構築する方法についてお伝えします。

収入を自動化すれば、余った時間で家族と過ごす時間を増やせるし、自分の趣味に時間を費やすことも可能です。

 

まずは、仕組みを構築していくまでの全体像をインプットしましょう。

あなたがインターネットで稼ぐ仕組みをつくる地図として参考にしてください。

仕組みを支える3つのカテゴリー


それでは、この章から仕組みを構築していくまでの全体像を解説していきます。

全体を俯瞰するようなイメージで読み進めてみて下さい。

 

仕組みをカテゴリー分けすると、大きく3つに分けて構築を進めていきましょう。

 

【3つのカテゴリー】

1,集客 →  2,教育 →  3,販売

※教育という聞き慣れないワードも、この後に詳しく解説します。

 

仕組みの構築を支えるカテゴリーは、この3つから成り立っています。

それぞれのセクションを構築しながら自動化に移行していくことで、最終的には全てを自動化にしていきましょう。

 

まずは、この3つのカテゴリーを、しっかりとインプットしておくようにして下さいね!

■ステップ1 : 集客


集客とは、商品を購入してもらうためにお客さんを集めることです。

商品があったとしても、それを購入してくれるお客さんがいなければ売上になりません。

 

あなたの販売する商品を購入してもらうためには、まずどこからお客さんを集めてくるのか動線を考えましょう。

そうして集めたお客さんを、仕組みの入り口であるランディングページに誘導していくまでが集客です。

 

では、集客の基本となる戦略部分について解説します。

インターネットによる5つの集客方法

集客を考えるときに重要なことは、お客さんを集める方法はたくさん持っていた方が有利だということ。

集客方法は大きく5つに分けることができます。

  1. 検索エンジンによる集客
  2. インターネット広告による集客
  3. 動画による集客
  4. 無料レポートによる集客
  5. SNSによる集客

 

では、インターネットの集客方法について具体的に解説をしていきましょう。

1、検索エンジンによる集客

検索エンジンによる集客法とは、ブログやウェブサイトを作成して、Googleやヤフーからの集客を狙う方法です。

メリットは、あなたのウェブサイトが検索上位に表示されてくることで、24時間年中無休でお客さんを集客してくれる集客装置になります。

 

デメリットは、検索上位にサイトが上がってくるまでに時間が掛かってしまうことです。

これはウェブサイトの運用歴などにもよりますが、ウェブサイトの立ち上げ当初は、今日記事を投稿しても次の日に検索されるようなことはありません。

 

検索エンジンによる集客をするためには、とにかくウェブサイトを根気よく育てていくようなイメージ。

正しい方法でコツコツと取り組んでいれば、次第に検索上位にサイトが表示されてきます。

 

検索上位に表示させることをIT用語でSEO【SearchEngine Optimizationの略】と言います。

SEOとは、検索結果で自分のウェブサイトを表示してもらいやすくする方法です。

 

ある一定のキーワードで検索したときに、あなたのウェブサイトが上位に表示されている状態は、SEOが強いと言えます。

 

例えば「ダイエット」と試しにGoogleやヤフーで検索してみましょう。

ダイエットというキーワードで検索したときに、上位に表示されるウェブサイトは、一番閲覧されているサイトです。

 

では、なぜ検索上位をみんな狙いたがるのでしょうか?

それは検索上位にあるとダントツでクリック率が高いからなのです。

 

・表示回数が10,000回あった場合

1番上にあるページのクリック率→約35%3500回のアクセス

2番目にあるページのクリック率→約17%1700回のアクセス

3番目にあるページのクリック率→約12%1200回のアクセス

4番目以下はガクンと下がり一桁%になります。

2ページ目の表示だと、アクセスは限りなくゼロに近い数字。

 

この数字から、検索エンジンからの集客を見込むのであれば、より上位にサイトが表示された方が、たくさんのお客さんが来てくれるというワケです。

 

SEOについては、それだけで1冊の本になってしまうくらい専門的な分野です。

ここではシンプルに、「ウェブサイトを作って上位に表示させるのが集客に繋がる」と覚えておく程度で十分です。

2、インターネット広告による集客

インターネット広告による集客方法は、リスティング広告を使ってお客さんを集客します。

リスティング広告とは、簡単に解説をすると、検索エンジンに広告費を支払う事で、検索上位に表示させる方法です。

 

検索エンジンによる集客方法だと、検索上位に表示させるまでに時間が必要でしたよね?

リスティング広告は、広告費を支払って検索上位に表示させる時間を短縮します。

 

広告が掲載されると、サイトが上位に表示されるようになりますが、広告を辞めてしまえば途端に検索上位には表示されなくなります。

 

広告費を払って検索上位に表示させるには、以下のサービスを利用して掲載します。

Google → GoogleAdWords

ヤフー → スポンサードサーチ

 

メリットは、広告費を支払って検索上位に表示させると、短期間で集客することが可能になります。

デメリットは、広告費用がそれなりに掛かり、広告を辞めた途端に上位表示はされなくなります。

※費用はキーワードの人気によって異なります。

 

勉強せずに広告を感覚的に出稿してしまうと、費用ばかり嵩み、まともに集客することができません。

赤字に陥ってしまうケースも中にはあるので、注意する必要があります。

上記は、「ダイエット」というキーワードで検索をしたときに、表示された画像のスクリーンショットです。

赤い矢印のサイトが、ダイエットというキーワードで広告を出稿しているウェブサイトになります。

 

このサイトは、Googleに広告費を払って上位に表示させているのです。

ちなみに1クリックされたら費用が発生する仕組みで、広告料はキーワードによって価格が異なります。

 

検索上位に表示させる広告の他にも、ディスプレイネットワーク広告という方法もあります。

ディスプレイネットワーク広告とは、ユーチューブやウェブサイトの広告枠などに表示される広告のこと。

 

キーワードを特定して集客するよりは、どちらかというと手当たり次第に広く集客したい場合に利用します。

例えば、販売が目的というよりも、商品の知名度を上げたいときには効果的な広告です。

 

ディスプレイネットワーク広告も、クリック毎に費用が発生します。

費用対効果を、しっかりと考えながら使う集客法にするようにしましょう。

3、動画による集客方法

Youtubeに動画をアップロードして、そこから自分のサイトへ集客する方法になります。

ユーチューバーという言葉も定着してきて、動画で集客することもメジャーになりました。

 

メリットは、自分を露出させることで、文字情報だけで相手に伝えるよりも、圧倒的に信用度がアップします。

伝えることができる情報量も、文字だけの場合と比較すると、動画の方が圧倒的に伝わりやすいです。

 

デメリットは、動画を撮影した後の編集作業の方が大変だったりするところ。

他にも、自分を露出させることで、バッシングを受ける可能性があるのがデメリットになります。

 

動画で集客をする方法は、個人としてテレビ局を持つようなイメージ。

おもしろい内容を動画で撮影することで、ユーザーの興味を引きつけて再生数をアップします。

 

ここで言う再生数は、テレビで言うところの視聴率でしょうか。

おもしろいコンテンツを配信し続けてファンが定着すれば、強力な集客方法になるのは間違いありません。

 

ちなみに、動画配信についてのメリット・デメリットを比較したときに、圧倒的にメリットの方が多く、デメリットは許容できる程度です。

許容できるデメリットというのは、たとえば・・・

  • 費用が掛かる
  • 修正を入れにくい
  • 作成に時間が必要・・・など

これらのデメリットは費用対効果を比べると、たいしたことはありませんよね?

よって動画集客は、とても有効な集客ツールでオススメです。

4、無料レポートによる集客方法

無料レポートとは、ノウハウなどをPDFにまとめた無料のレポートのことです。

レポートを無料レポートスタンドというサイトに登録します。

 

無料レポートが、ユーザーのメールアドレスと引き換えにダウンロードされることで、集客をしていく方法です。

 

無料レポートスタンドサイトは、

 

無料レポート集客のメリットは、お客様のメールアドレスが手に入る事が最大のメリット。

顧客のメールアドレスは、お金を生み出す財産と言っていいほどの価値があります。

 

デメリットですが、普段使用しているメールアドレスとは別のフリーアドレスでダウンロードされてしまうこと。

無料レポートを作成する理由は、メールアドレスを取得することですよね?

 

メルマガを配信しても、普段使用していないメールアドレスなのであれば・・・

せっかくのメルマガを、読んでもらえないデメリットが発生します。

 

このデメリットの解決方法は、無料レポートの中で、さらに興味がある人に向けてランディングページからメルマガ登録を促せば、問題解決です。

5、SNSによる集客

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは、

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • ミクシィ・・・・など

個人同士がSNSを利用して、インターネット上でコミュニケーションを取るウェブサイトです。

動画を投稿したり、ブログ記事の更新情報もSNSで広く拡散することができます。

 

メリットですが、SNSのウェブサイト上には、すでにたくさんのユーザーが集まっています。

趣味や趣向が似ているような人を探しやすいメリットや、気軽に不特定多数の人と繋がりを持つことも簡単にできるのです。

情報の拡散も瞬時に行えて、うまく活用すれば広告費を支払うよりも、口コミであなたの商品が広がっていきます。

 

デメリットは、ウェブサイトに流行り廃りがあるというリスク。

たとえば、ミクシィというSNSサイトは、流行りが過ぎたことで激減しました。

 

集客をミクシィだけに依存していたら・・・・・

ウェブサイトの利用者がいないので、集客できないリスクがありますよね?

 

以上、ここまでがインターネットを使った集客方法になります。

確認のために、インターネットによる5つの集客方法について復習しましょう。

  1. 検索による集客
  2. インターネット広告による集客
  3. 動画による集客
  4. 無料レポートによる集客
  5. SNSによる集客

 

集客を考えたときに、お客さんがやってくる入口は、たくさんあった方が有利です。

 

あなたの商品を購入してくれるお客さんは、一体どこに集まっているでしょう?

集客は、お客さんを呼び込むまでがセクションです。

 

集客は、ランディングページに登録をしてもらうまでが、集客です。

そこからは、ステップ2の教育に繋げていきましょう。

■ステップ2 : 教育

1、メルマガによる教育とは

 

教育ってなんなのよ~~~~~!?♡

 

教育とは、あなたが発信する情報で、お客さんに学んでもらい、商品の購入判断をしやすく成長してもらうこと。

さらに、販売者と購入者の信頼関係の構築も教育が担っています。

 

教育は、3つのカテゴリーの中でも超重要なカテゴリーです。

 

例えば・・・・モテないと悩んでいる人に、

  • 洋服選びの基本
  • 選ぶべきではないファッションとは
  • センスがない人でもオシャレに見える着こなし
  • センスがない人でもオシャレに見える色使い・・・など、

おしゃれになったらモテるという教育をするとしましょう。

 

教育はメルマガで、過去にファッションを変えたらモテた経験などを自己開示していきます。

コミュニケーションを取り、お互いの信頼関係が築けたところで・・・

 

もしコーディネートの個別依頼を、あなたが商品として販売していた場合、

モテたいと悩んでいる人は、あなたに「コーディネートを依頼したい」と感じると思いませんか?

 

以上のように教育とは、商品の販売をスムーズにさせるための潤滑油だと言えるでしょう。

2、信頼関係を構築する教育方法について

信頼関係を構築する教育には、

  • 動画を使った教育
  • チャットを使った教育
  • オンライン通話を使った教育
  • 電話を使った教育
  • 直接会って教育
  • メールマガジンを使った方法・・・などがあります。

 

その中でも、メールマガジン(※以下メルマガ)を使用した教育について解説します。

集客で集めたお客さんに、登録してもらったメールアドレスへ、教育するためのメルマガを配信していきます。

 

メルマガを配信するときのコツは、あなただけにメールを送っていると思ってもらえるようなメールの書き方をすることです。

一人の読者へ語りかけるようにメルマガを書きましょう。

 

あの人にも、この人にも、多くの人に向けて書いたメルマガであれば、誰に向けて発信したものかボヤケてしまい反応が得られません。

それよりは、「青いTシャツと短パンで黒髪のあなた!!」っと絞った方が、条件が合致する人は、完全に反応しますよね?

 

他にも意識するポイントとして、たとえば・・・

  • 読者へ反応してもらうように問いかける
  • 自己開示をして何者なのかを知ってもらう
  • 相手が必要としている商品のアンケートを求める
  • 無料プレゼントの代わりに感想をもらう・・・など

 

読者からの行動を促すことも意識して配信してみましょう。

メルマガは、一方向のツールと思いがちですが、双方向のツールということを常に忘れないで下さいね!

 

ここで、信頼関係構築が重要たとえについて解説します。

もしあなたが新車を購入するとしたら、AとBのどちらから購入を検討するでしょうか?

A:数十年来の車屋の友人

B:つい最近、店頭で知り合った営業マン

 

おそらく、ほとんどの人は、Aの数十年来の友人から購入を検討するでしょう。

それは、信頼関係があるからですよね?

 

このように教育というのは、

  • 信頼関係を構築して、あなたから商品を購入してもらいやすくする
  • 読者に情報を提供して成長してもらうこと

・・・この2つを意識してみてくださいね!

3、ステップメール

ステップメールとは、メルマガに登録をすると、予めセットしてあるメールマガジンが登録した順から配信してくれるシステムの事です。

たとえば、通常配信でメルマガを配信していた場合、登録をした初めてのメルマガが、商品を販売するメルマガだったら・・・

あなたはどのように感じるでしょうか?

 

おそらく、いきなり商品を売りつけてきて「こんなメルマガ解除だ!」と、二度とそのメルマガを購読することはないでしょう。

ステップメールは、そんな状況を避けるために、登録した人から順にメルマガが配信されていくシステムなのです。

 

ですから、今日メルマガを登録した人も5日後にメルマガを登録した人も、最初から同じ内容のメルマガが配信される仕組みです。

ステップメールは、メルマガ配信システムにある機能の一つです。

 

ステップメール機能がある、メルマガ配信システムと契約をすると利用できるようになりますが、

ステップメールのシナリオは、自分で書く必要があります。

 

初心者が、最初からステップメールで商品を販売しても、かなりハードが高いです。

通常メール配信を続けて、商品販売に慣れたらステップメールに移行するようにしましょう。

 

ステップメールは、作り上げてしまえば教育と販売を担ってくれる最強の営業マンです。

では、次の最終章であなたに売上をもたらす販売について解説します。

■ステップ3 : 販売

売り上げをあげるための最終フェーズ→販売

どれだけ集客をして、どれほど良い教育をしても、最終的に商品を販売をしなければ1円も稼ぐことはできません

 

収入を自動化するための、カテゴリーのラストは販売

 

教育で信頼関係構築がしっかりとできていれば、販売は割とスムーズです。

購入までの背中を押してあげる程度で、商品は購入されていくでしょう。

 

ただし、お客さんに喜んでもらえる商品を販売しなければ、信用を失います。

信用を失ってしまったら、あなたから商品を、2度と購入してもらえない可能性もあるのです。

 

いくら信頼関係ができても、手当たり次第に商品を進めてられるって、ウザいですよね?

せっかく構築した信頼関係をぶち壊しにしないよう、手当たり次第に商品を販売するのではなく、ターゲットのことを考えた販売をしていきましょう。

販売についての流れ

セールスレター

商品の販売には、LP(ランディングページ)で行います。

LPとは、セールスレターと呼ばれる縦長の販売ページのことです。

 

教育がしっかりとできていれば、セールスレターを見ずとも商品は売れていきます。

しかし、商品の購入をまだ迷っている人も中にはいるのです。

 

購入しようか迷っている人のために、セールスレターで購入の背中を押してあげましょう。

販売の予告

商品を販売する前に、「この日に商品を販売する」と予告を入れると効果的です。

例えば、一週間ほど前くらいから商品販売の告知をしていきます。

 

たとえば、これは映画などにも使われている方法ですよね?

公開前の上映予告より情報を小出しにして、興味を惹きつけていくようなイメージです。

締め切り日の案内を流す

一週間後に販売すると告知したら、前日、当日にも締め切りのアナウンスをします。

アナウンスをしたほうがいい理由は、期限を区切らないと行動に移す人が少ないからです。

 

販売日から見ていくと、商品が一番多く売れるのが、最終日という統計があるように期日は区切りましょう。

お客さんと長く付き合う指数=LTVとは

 

・お客さんが生涯にもたらす利益 = LTV(Life Time Value)

 

LTVとは、日本語で「顧客生涯価値」と言われます。

「お客さんが生涯どれだけあなたに利益をもたらしてくれるか?」その数字を計算します。

 

簡単に説明すると、リピート購入と言えばわかりやすいでしょうか?

1回よりも2回、3回と長く商品を購入をしてくれた方が、長期的にみて一人当たりの売上金額は多くなります。

 

LTVを増やす販売には以下の方法があります。

  • 1回の購入額を増やす→クロスセル
  • 今よりも上位の商品を購入してもらう→アップセル
  • グレードの低い商品を進める→ダウンセル

生涯価値という考え方で、お客さんとの関係を長く保つ事が、売上増に繋がっていくのです。

最終的に自動化をするためには?

ブログ・メルマガアフィリエイトで、収入を得るための仕組みの構築方法について、大枠で解説をしてきました。

「ところで収入を自動化にするにはどうするの?」そのように感じたと思います。

 

仕組みを構築し、最終的に自動化を進めるために必要なのは、ずばりステップメールです。

ステップメールは、一度つくりあげれば、教育と販売の部分を同時で行ってくれる上に、自動で配信してくれるシステムでしたよね?

 

集客で集めたお客さんひとりひとりに、自動で、しかも個別かつ、そのお客さんのタイミングで営業・販売をしてくれるツールです。

ツールですが、最強の営業マンがステップメールと言っても過言ではありません。

 

集客については、ブログが育ってくれば、検索からの流入が自然に流れてくるようになります。

動画の本数も増えてくれば、You Tubeからも、自動で集客できるようになりますよね?

 

さらに、知名度が上がってくればSNSを利用したり、売上を広告に回してさらに集客を自動化して行きましょう。

 

まとめると、まずは自動化を進めるための仕組みの構築を進めます。

ある程度の時間と労力は掛かりますが、売上が上がり出したところで、徐々に自動化にシフトさせてください。

 

あとは、定期的なメンテナンスを行う程度で、あなたの口座には、毎月お金が自動で振り込まれるような状態をつくることができるのです。

銀行から融資を受けて、大きな借金をして不動産を所有するリスクを取らなくても、インターネット上に資産を構築することができました。

 

あまった時間とお金を使って、何をするかは「あなた次第」。

まとめ

ブログ・メルマガで収入を得るための仕組みの構築方法と、仕組みの自動化について全体像を解説してきました。

まずは、収入を得るための仕組みの構築を進めるようにしましょう。

 

仕組みを支えている3つのカテゴリーはこちらでしたよね?

1,集客 →  2,教育 →  3,販売

 

仕組みの流れとしては、5つの集客方法でランディングページに集客をします。

【5つの集客方法】

  1. 検索による集客
  2. インターネット広告による集客
  3. 動画による集客
  4. 無料レポートによる集客
  5. SNSによる集客

 

登録されたメールアドレスに、メルマガを配信して教育します。

【教育の目的】

  • 信頼関係を構築して、あなたから商品を購入してもらいやすくする
  • 読者に情報を提供して成長してもらうこと

 

【販売の方法】

顧客一人あたりの売上額を増やす販売テクニック

  • 1回の購入額を増やす→クロスセル
  • 今よりも上位の商品を購入してもらう→アップセル
  • グレードの低い商品を進める→ダウンセル

 

以上の仕組みを構築したら、ステップメールを作成して販売の自動化に移行します。

最初から全てを自動化にするのではなく、徐々に仕組み化を進めていくようにしましょう。

ABOUT ME
Qusakabe
趣味:筋トレ、ゴルフ、麻雀、ネット、息子(2)・娘(0)と遊ぶこと。 12時間以上拘束されるのに残業代も一切でない超どブラック会社を2社経験。 「会社ってこんなものなのか・・?」っと疑問を抱き、「これだけ頑張れるなら自分で起業してもそこそこやっていけるだろう」と感じたことから起業を決意。 現在は、法人7期目の代表取締役を継続中。 ウェブで稼ぐための情報を発信しています。