ビジネスでお金を生み出す日下部です(^^)
ブログで、あなたの稼ぎになる情報を発信しています。

 

メルマガで収入を得たいのであれば、5つの活用方法について理解をしておきましょう。

当てずっぽうにメルマガを配信しているだけでは、いつまでも思うような利益をメルマガで得ることはできません。

 

この記事で、メルマガを活用する目的を学び、ガンガン収益を伸ばしていきましょう。

 

マッチョパンダマッチョパンダ

筋肉を付けたければ、常に筋肉との会話を怠るな・・ムキッ!

 

メルマガで稼ぐための5つの活用方法とは

メルマガ5つの活用方法とは・・・ズバリ

  1. ユーザーとのコミュニケーションツール(ファン化)
  2. イベント情報などの告知
  3. 読者に対する啓蒙(教育活動)
  4. 商品の販売促進
  5. 商品購入者に対するフォローからのリピート販売

 

・・・以上、この5つを意識してメルマガを配信してください。

それでは、順に具体的な解説をしていきます。

1、ユーザーとのコミュニケーションツール

メルマガを、読者との信頼関係構築するためのツールとして活用します。

 

具体的には、

  • 読者からアンケートをもらう
  • 配信内容に対してコメントをもらう

 

・・・というように、読者から反応をもらう目的のためにメルマガを利用します。

その意図は、あなたと読者との距離が近ければ近いほど、メルマガで商品を販売しやすくなるからです。

 

例えば、あなたはどちらの人から商品を購入しやすいでしょうか?

 

  • 今日メルマガを登録したばかりの、見知らぬ人
  • 普段からメルマガを購読していて、実際に会ったこともある人

 

私であれば、普段から接している人から商品を購入します。

なぜならば、信頼関係が既にできあがっているからですよね?

 

あなたが、メルマガ配信者になるときも同じことです。

読者の信頼関係がしっかりと構築できていれば、メルマガで商品はバンバン購入してもらえるようになります。

 

顔が見えないからこそ、ネットでの信頼関係構築には気を配ってもらいたいポイントですよね。

以上の理由から、信頼関係を構築するために、普段のメルマガ内で読者からのフィードバックを求めるようにしましょう。

 

実際に会えるのであれば、読者と会ってみても信頼関係がより深まります。

もし会うのが難しいのであれば、スカイプなどで接点を持つことだってできますよね?

 

わたしは、何人かのメルマガ配信者と実際にお会いする機会がありました。

どの方も実際に合うと、いつもメルマガを読んでいるからなのか、初めて会う気がしませんでした。

 

こちらが一方的に知っているだけなんですが(笑)

ただお会いした後は親近感も湧くし、その後のメルマガなんかも意識して読むようになり、その人から商品を購入したくなります。

 

ですので、読者との信頼関係構築というのは非常に重要なことなのです。

そのきっかけ作りとして、メルマガを活用してみましょう。

 

メルマガは、よくこちらから情報を配信するだけの一方通行的なツールと思われがちです。

しかし、コミュニケーションツールということを意識してメルマガを活用するとメルマガの書き方が変わります。

 

すると、読者からの反応も得られるようになり、メルマガからの収益が得られるようになっていくのです。

普段のメルマガから、信頼関係構築を意識してメルマガを配信してみましょう。

2、各種イベント情報などの告知→集客

メルマガに読者が付いていれば、イベントの告知にメルマガを活用することができます。

 

「自分のノウハウが溜まってきたので、セミナーを開催したい!」

そのようなときにメルマガを使って告知をすれば、集客することが可能です。

 

セミナーで価格を設定すれば、セミナー収益が得られます。

また、セミナーで商品を販売すれば、そこからさらに売上を上げることも可能ですよね?

 

じつは、アーティストのライブイベント情報などにもメルマガは活用されていて、集客効果は抜群です。

先日、うちの嫁が某ジャニーズグループのファンクラブに入っていて、メルマガでファンクラブ向けにライブ情報が流れてきていました。

 

他にも、アマゾンや楽天などの大手サイトもイベント情報やセール情報などの告知をメルマガで配信しています。

メルマガのメリットは、こちらから相手に向けて情報を投げかけることができるところです。

 

これがブログだと、相手から検索されるまで待っていなければならず、気づいたときには情報が遅れているなんてこともあるのです。

良いコンテンツなども、こちらから相手にアプローチしないと気がついてもらえない場合があるので、メルマガを活用して絶えず情報を相手に届けましょう。

3、読者に対する啓蒙(教育活動)

啓蒙とは、読者への教育活動をメルマガで行うことを言います。

 

教育というと少し上から目線のような気がしますが・・・

要は、読者に価値観を養ってもらうためにメルマガを活用するのです。

 

その理由は、あなたの価値・商品の価値に読者が気づかなければ、メルマガで商品は売れません。

逆に言うと相手が価値を理解すれば、たとえ高額な商品でもバンバン売ることが可能です。(※信頼関係ができている前提ですが)

 

例えば飛び込みのセールスマンが、いきなりあなたの自宅を訪ねて・・・

 

「このパソコンを購入してもらえませんかー?」っと、

急にセールスをされたら、あなたはそのパソコンを購入するでしょうか?

 

突然、買ってくれという押し売り的なセールスだけだったら、まず検討すらしたくないですよね?

私ならば、100%購入しないです。

 

でももし、

 

「このパソコンがあれば、お孫さんの写真をプリンターで印刷してキレイにポスターにすることだってできますよ!」

そんな情報が、あればどうでしょう?

 

孫が可愛くて仕方のないおじいちゃん、おばあちゃんなら、思わず心がグラついて購入してしまう可能性はありますよね。

最初のセールスマンの、「ただ買ってくれ!」という売り込みよりも、価値情報一つで商品を購入するハードルはグッと下がります。

 

このように、読者が知らない情報を提供して学んでもらう。

十分に学んだところで商品を購入してもらう。

 

その学ぶ目的としてメルマガを活用していくのです。

学んでもらうから、教育という言い方をしています。

 

相手が想像する未来を、あなたの商品が叶えてくれると思ってもらえるようにメルマガを活用しましょう。

↓読者を教育するためのメルマガの書き方については、こちらの記事にまとめてあります。

4、商品の販売促進

メルマガを、商品の販売目的で活用します。

 

むしろ・・メルマガを配信する一番の理由は、売上をあげてお金を稼ぐことですよね?

そうでなければ、慈善活動になってしまいます。

 

ただ商品を販売するのに、「少し抵抗があるな」っと思ってしまいそうなときは、次のような考え方をしてみましょう。

「この商品を自分が販売することで、助かる人がいる!」。

 

お金の稼ぎ方がわからない人にとって、あなたの情報に価値がある人もいます。

商品を販売することに抵抗がある人は、お金をいただくが申し訳ないとネガティブな方向に考える傾向があります。

 

ですが、相手はお金を払ってでも、稼ぐ情報が必要な訳ですよね?

 

自分のメルマガ読者は、何を欲しているのか?

そして、それを満たしてあげれる商品を提案するツールとしてメルマガを活用しましょう。

 

メルマガをうまく活用すると、凄腕のセールスマンを一人雇うことと同等以上のパワーを発揮します。

その詳しい内容は、こちらの記事を参考にしてみましょう。

—ステップメール構築方法について記事を作成中—

5、商品購入者に対する追加販売、リピート販売

マクドナルドで商品を購入した際に、「ポテトも一緒にどうですか?」っと聞かれた経験はありますよね?

まさに、あれと同じことをメルマガで商品を販売する際に行いましょう。

 

あなたからメルマガで商品を購入してくれたユーザーは、追加購入・再購入をしてくれやすい状態なのです。

普段、財布の紐が硬いユーザーでも、商品購入という決断をしたあとは、財布の紐がゆるんでいる状態になります。

 

セットで購入をしてもらえたほうが、当然ですが収益は上がりますよね?

それが相手にとって良い商品であれば、ついで買いはかなりされますし満足度も高いものになるのです。

 

販売後は、しっかりとフォローメールを流し関係を保ちましょう。

そうすれば、次に商品を販売するときにも、あなたから商品の購入をしてくれる確率が高まります。

 

この様なことを意識しながら、メルマガを配信しみてください。

まとめ

メルマガで稼ぎを得るための活用方法について解説をしてきました。

その活用方法をおさらいすると、以下の5つでしたよね?

  • ユーザーとのコミュニケーションツール(ファン化)
  • イベント情報などの告知
  • 読者に対する啓蒙(教育活動)
  • 商品の販売促進
  • 商品購入者に対するフォローからのリピート販売

 

メルマガで収益を上げている人は、必ずこのどれかの方法を使って収益を上げています。

ただ当てずっぽうでメルマガを配信しているだけでは、いつまで経ってもメルマガから利益は得られません。

 

活用方法をしっかりと理解した上で、具体的なメルマガの書き方について学んでいきましょう。

↓メルマガの書き方については、こちらの記事がオススメです。