グーグルのインデックスを早めるGoogle XML Sitemapsとは

 

ビジネスでお金を生み出す日下部です(^^)
ブログで、あなたの稼ぎになる情報を発信しています。

 

Google XML Sitemapsは、サイトの更新情報をグーグルに自動で知らせるためのものです。

クローラーは定期的に巡回をしていますが、更新情報をこちらから送ったほうが早くインデックスしてもらえます。

 

インデックスとは、狙ったキーワードで検索をしたときに、あなたの記事がグーグルで表示されることです。

インデックスされなければ、グーグルで検索したとしても検索結果に表示されません。

 

マッチョパンダマッチョパンダ

更新情報をこちらから送れば、クローラーが記事を見にきてくれるぞ・・ムキッ!

 

Google XML Sitemapsは、

  • 検索を早めるためにサイトマップを設定
  • 自動で更新情報を送信してくれる

この様な役割を果たしてくれるプラグインです。

 

この記事では、検索エンジンにインデックスを早めるためにGoogle XML Sitemapsの設定方法について解説していきます。

Google XML Sitemapsのインストール方法について

まずはじめに、Google XML Sitemapsをインストールしましょう。

 

まだ一度もワードプレスにプラグインをインストールしたことがなければ、

「→プラグインのインストール方法を図解と動画で初心者にわかりやすく解説【WordPress】

こちらの記事を参考にしてインストールをしてみてください。

 

では、管理画面の左メニューの中にある「プラグイン」→「新規追加」と進みます。

画面が切り替わったら、右上のプラグイン検索窓で「Google XML Sitemaps」と検索します。

 

目的のプラグインが見つかったら、インストールをクリックして有効にしましょう。

 

インストールが完了したら、管理画面に戻ります。

左メニューの「設定」の中に、XML-Sitemapsと表示されていればインストールは完了です。

Google XML Sitemapsの設定方法

インストールが完了したら、次は設定に移りましょう。

この記事では、初心者の方が最低限設定しておけば間違いない項目に絞って解説します。

 

設定はチェックマークを付ける程度の簡単ものです。

設定は、管理画面左メニューの設定→XML-Sitemapsと進みます。

 

画面が切り替わったら、上から順に確認していきましょう。

基本的な設定

 

一部、英語で表示されますが、クロームの翻訳機能を使えば翻訳してくれます。

上記画像は翻訳した画像になります。

 

上記2つは、更新をクローラーに通知する設定でインデックスを早めます。

3つめは、クローラーにサイトを正確に確認してもらうためのものです。

 

上から3つにチェックマークが付いていることを確認してください。

ちなみに、以下の高度な設定はデフォルトのままで問題ありません。

投稿の優先順位

 

クローラーに、投稿したページの優先順位の付け方を知らせます。

こちらは「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを付けてください。

Sitemap コンテンツ

 

クローラーに、どこまでサイトのページをコンテンツとして認識させるかの設定になります。

検索表示に必要なものは、コンテンツに関するページです。

 

コンテンツに関する部分のみを、クローラーに回遊してもらうように設定しましょう。

検索に表示されなくても良いコンテンツは、クローラーに見てもらう必要はありません。

 

設定部分は、

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める。

・・以上の4つにチェックマークを付けておいてください。

 

これで検索に必要な、コンテンツ部分のみをクローラーが回遊してくれます。

Excluded Items

こちらの設定は、上記のSitemap コンテンツでカテゴリーにチェックを付けたときに、含めたくないカテゴリーを設定します。

クローラーに回遊を省いてもらいたいカテゴリーがあれば、そのカテゴリーにチェックマークを付けます。

 

その下にある「投稿(個別記事)を含めない」は、除外したい記事設定をします。

こちらには、IDを入力します。

 

記事のIDの探し方は、除外したい記事のURLを確認しましょう。

この記事であれば、URLに以下の数字が含まれています。

 

 

 

この赤枠の部分が記事のIDになります。

このIDを先ほどの空欄部分にコピペして貼り付ければ、その記事はクローラーから除外されます。

Change Frequencies

 

Change Frequenciesは、更新頻度の設定をします。

毎日、毎週、毎月、毎年、更新なしの中から選択しましょう。

 

自分の更新頻度に当てはまるものを選択してください。

もし、不明な場合は上記の画像を参考に設定しておけば問題ありません。

優先順位の設定 (priority)

 

どの項目をどのくらい優先させるかの設定です。

0.0〜1.0までの数字で優先順位を付けてください。

 

0.0→優先順位が低い

1.0→優先順位が高い

 

自分のサイトで、どのコンテンツが重要度が高いのかを設定します。

グーグルに素早くインデックスさせるためのまとめ

以上、Google XML Sitemapsの設定方法について解説してきました。

その役割は、検索に表示させるための設定とシンプルに覚えておきましょう。

 

クローラーは定期的に巡回をしてくれていますが、いつ来るかはわかりません。

せっかくブログを更新したのであれば、少しでも早く読んでもらいたいですよね。

 

インデックスを早めるために、Google XML Sitemapsをインストールして記事の更新を知らせてもらいましょう。

 

余談ですがサイトマップには、HTMLサイトマップXMLサイトマップがあります。

SEOに効果があるのは検索エンジン向けのXMLサイトマップサイトマップと覚えておきましょう。

 

なぜなら、クローラーはXMLサイトマップも巡回するからです。

ただ、HTMLサイトマップもユーザーに対して利便性を向上させるものになります。

全く効果がないかと言えば、多少の効果はあると思います。

 

もしHTMLサイトマップも設定したということであれば、

「→【PS Auto Sitemap】ワードプレスで作ったサイトにサイトマップを自動で作成するプラグイン

こちらの記事も参考にしてみましょう。