テクニック

メルぞうに無料レポートをアップするための表紙の作り方について図解で解説!

メルぞうの表紙について

ビジネスでお金を生み出す日下部です。(^^)
ブログで、あなたの稼ぎになる情報を発信しています。

 

メルぞうの表紙って、アップロードする際に条件が指定されています。

表紙は、なくても無料レポートを提出することができますが・・・

 

設定をしないと、右のような味気ない表紙になります。

これじゃあ、ダウンロードして読もうって気になりませんよね?

 

この記事では、Wordを使った無料レポートの表紙の設定とデザイン、

メルぞうの表紙の表紙のアップロード方法について、図解で解説します。

メルぞうと無料レポートの表紙をつくる

 

表紙は使いましすればいい・・・ムキッ!

 

表紙は、無料レポート用に1つ作成をすれば、サイズ調整をするだけでメルぞうのアップロード用にも使えます。

ここでは、まず表紙の作成方法について解説していきます。

 

作成方法は知っているけど、アップロード方法を確認したいということであれば、次の章から読み進めてください。

メルぞうの表紙サイズをアップロード条件に合わせる

 

まずは、イメージに合った画像を用意しましょう。

画像は有料・無料どちらでも構いません。

 

無料で使用できる画像を探したければ、検索に「無料素材」と入力すれば、著作権フリーの画像サイトがでてきます。

もし、こだわりがなければ、こちらのサイトがオススメです。

 

無料版オススメ画像サイト

・ぱくたそ

https://www.pakutaso.com/

有料版オススメ画像サイト

・Adobe Stock

https://stock.adobe.com/jp/

 

表紙にしたい画像を準備したら、次は加工をするツールを紹介します。

Windowsの場合は、標準でついているペイントツールもしくは、こちらのツールがオススメです。

 

無料画像加工ツール

・JTrim

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/jtrim/

有料画像加工ツール

・Photoshop

https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

 

画像を準備したら今回は、無料のツールJTrimを使って画像を加工していきます。

まず、画像のサイズを大体A4サイズに調整します。

 

画像があまり大きすぎると、あとから画像の調整が難しくなります。

逆に小さいさすぎる画像で作ってしまうと、拡大したときに画像が荒くなってしまいます。

 

そういったことを防ぐために、サイズは大体A4くらいに調整します。

大体でも良い理由は、あとから画像サイズは調整できるからです。

 

ちなみにファイルサイズは、こちらのサイトで調整可能です。

◆ I♡IMG

https://www.iloveimg.com/ja/resize-image

 

画像の準備ができたらJTrimを開きましょう。

ファイル→開くを選択して、加工したい画像の読み込みをします。

 

画像を開いたら、その画像にタイトル文字を書き込みしていきます。

②文字入れをクリックすると、文字入れするウィンドウが立ち上がります。

そちらにタイトルを入力していくだけで、簡単に画像に文字を入れることができます。

 

文字サイズの調整や書体の変更、縦書き横書きも色の調整も可能です。

参考となる表紙をイメージして、つくってみるのも良いでしょう。

 

表紙をつくるときのアドバイスとして、文字サイズは大きめにつくった方がいいです。

メルぞうで表紙をアップロードする際には、画像をかなり小さく圧縮させます。

 

文字を小さく作ってしまうと、圧縮したときに小さくなり過ぎてしまい、何が書いてあるか読めなくなります。

ちなみに失敗するとこうなります。

文字が見えにくくなってしまって何が書いてあるかわかりませんよね?

こうならないためにも、文字は大きめに作るように意識してみてくださいね!

メルぞうの表紙サイズをアップロード条件に合わせる

表紙をアップロードするための条件を把握しとくんだ・・・ムキッ!

 

次につくった表紙をメルぞうにアップロードします。

メルぞうに表紙をアップロードするためには、条件を合わせる必要があるので確認しましょう。

 

表紙をアップロードする条件ですが、画像を以下の条件に合わせてください。

 

 

●30KB以内のgifファイル

30KB以内というのは、画像の容量のことです。

画像容量の確認方法は、画像の上で右クリックします。

 

Macの場合 → 情報をみる

Windowsの場合 → 「プロパティ」を選択します。その後「詳細」または「概要」タブをクリック

 

gifファイルは、画像の拡張子をgifにします。

拡張子というのは、画像ファイルの種類のことです。

例えば、

  • PDFの拡張子 →「.pdf」
  • エクセルの拡張子→「.xlsx」「.xlsm」「.xls」
  • ワードの拡張子 →「.doc]

などがあり、画像ファイルの名前の横に付いているのが拡張子です。

 

ちなみに、画像ファイルの拡張子

  • JPEG/JPG
  • PNG
  • GIF
  • BMP
  • TIFF
  • PICT

・・などがあり、よく使われているのがJPGやPNGファイルです。

 

画像ファイルの名前の横に拡張子がない場合は、設定で非表示になっている可能性があります。

設定で表示させるようにすれば、確認することが可能です。

 

また、画像ファイルの上で右クリックの中から、拡張子を確認することもできます。

調べた拡張子がgif以外であれば、gifに変換しておきましょう。

拡張子が違う種類でも、以下のウェブサイトを利用すれば、gifに変換することが可能です。

 

◆ オンラインGIFコンバーター

https://convertio.co/ja/gif-converter/

 

◆ 画像の容量を下げたい場合

https://www.iloveimg.com/ja/compress-image

ファイルのサイズについて

画像のファイルサイズは、タテ200✕ヨコ260(pixel)

推奨とあるので、多少の誤差があってもアップロード可能です。

※pixelとは、画像の大きさの単位になります。

 

ピクセルをセンチの単位に直した場合

  • タテ → 約1.7センチ
  • ヨコ → 約2.2センチ

以下の画像サイズのように、小さめのサイズに変更する必要があります。

 

ファイルサイズは、こちらのサイトで調整可能です。

 

◆ I♡IMG

https://www.iloveimg.com/ja/resize-image

 

表紙となる画像が準備できたら、メルぞうのレポート登録に移ります。

メルぞうのレポート登録方法は、こちらの記事でくわしく書きました。

 

オススメ度No.1の無料レポートスタンド「メルぞう」の登録手順と使い方

無料レポートの作り方まとめ

無料レポートのダウンロード数は、表紙で大きく変化をするわけではありませんが、設定しないよりは、設定した方がダウンロードされる確率は上がります。

 

たとえば、表紙設定をしていない無料レポートがたくさん並んでいたときに、表紙をしっかりとつくっている無料レポートであれば、目に止まりますよね?

 

ちなみに表紙画像は、最初から小さい画像で作成すると、gifに変換したときに画質が荒くなり過ぎてしまうので注意が必要です。

A4サイズくらいの画像で加工してから、gifに変換をしてサイズ調整をすると、割とキレイな表紙になります。

 

A4サイズで作成をすると、Wordでつくる無料レポートの表紙画像としても使えるので、ぜひ、試してみてくださいね!

 

無料レポートの表紙画像を、メルぞうの表紙画像と揃えたい場合の設定方法は、こちらの記事を参考にしてください。

Wordでつくった無料レポートの表紙画像を枠いっぱいに表示するテクニックを図入りで解説

ABOUT ME
Qusakabe
趣味:筋トレ、ゴルフ、麻雀、ネット、息子(2)・娘(0)と遊ぶこと。 12時間以上拘束されるのに残業代も一切でない超どブラック会社を2社経験。 「会社ってこんなものなのか・・?」っと疑問を抱き、「これだけ頑張れるなら自分で起業してもそこそこやっていけるだろう」と感じたことから起業を決意。 現在は、法人7期目の代表取締役を継続中。 ウェブで稼ぐための情報を発信しています。