WordPress

ファビコンの設定が簡単にできるWordPressプラグインFavicon Rotatorの使い方

ファビコンを設置しよう

ファビコンとは、「favorite icon」の略になります。

favorite icon(フェイバリットアイコン)とは、お気に入りのアイコンという意味です。

 

サイトをブラウザで開いているときに、ロゴマークとして表示される小さなサムネイル画像のことです。

ファビコンを設置すると、タブに自分の好きなロゴ表示ができるので、オリジナリティ感が出て差別化にもつながります。

 

◆ファビコンの例

ウェブサイトを開いたときに、タブウィンドウの部分にロゴマークが表示されているのがわかりますよね?

ここがファビコンを設定したときに表示される部分です。

 

他にもファビコンには、以下のようなものがあります。

たくさんタブウィンドウを開いたときでも、すぐに見分けがつくようにファビコンに設置しておきましょう。

ファビコンのインストール方法

①WordPressのダッシュボード画面から、プラグイン→新規追加、Favicon Rotatorをインストールします。

 

②インストールしたら、有効化しましょう。
有効化が完了すると、ダッシュボード→外観の中に「Favicon」という項目が追加されているので、クリックします。

 

具体的なインストール方法については、こちらの記事でまとめています。

プラグインのインストール方法を図解と動画で初心者にわかりやすく解説【WordPress】

Favicon Rotatorの使い方

「Favicon」をクリックすると、設定画面が表示されます。

「Browser Icon」‥‥‥パソコン等のブラウザで表示される場合のアイコン

「Touch Icon」‥‥‥モバイル端末で表示されるアイコン

※どちらも同じ画像でもいいですし、別々に設定もできます。

 

「Add Icon」、「Set Icon」をクリックし、画像をアップロードして、「Save Changes」をクリックして画像を保存します。

Favicon用画像の作り方アドバイス

ファビコンは、実際の画像より大幅に縮小されて表示されます。

画像をアップロードして、タブに表示されたときには、かなり縮小されて見にくい可能性があります。

縮小されても分かりやすい画像を意識して作るようにしましょう。

 

画像をアップロード、メディアファイルから選択するだけで、自動的に画像サイズを調整してくれます。

正方形ではない画像を選択した場合は、自動的にトリミングされます。

ファビコンの設置方法に関するまとめ

大手企業サイトのタブウィンドウにも、必ずファビコンが設置されています。

ファビコンを設置する意図は、ひと目見てサイトの見分けが付くように設置します。

 

また、サイトをブックマークをしたときも、ファビコンが表示されるので、ユーザーにとっては見つけやすいメリットもありますよね?

プラグインをインストールして画像をアップロードするだけで、ファビコンはカンタンに設置が可能です。

 

他のサイトとすぐに見分けが付くように、この記事を参考にファビコンの設置をしてみてくださいね!

この記事を読むだけでアフィリエイトの仕組みがよくわかる!初心者のためのアフィリエイト入門講座

ABOUT ME
Qusakabe
趣味:筋トレ、ゴルフ、麻雀、ネット、息子(2)・娘(0)と遊ぶこと。 12時間以上拘束されるのに残業代も一切でない超どブラック会社を2社経験。 「会社ってこんなものなのか・・?」っと疑問を抱き、「これだけ頑張れるなら自分で起業してもそこそこやっていけるだろう」と感じたことから起業を決意。 現在は、法人7期目の代表取締役を継続中。 ウェブで稼ぐための情報を発信しています。