ツール

Evernoteの使い方をマスターしてメモ機能を使いこなしてみよう!【スマホ版】

文書作成に使用するツールバーの機能をまとめて解説

Evernoteでノートを編集する際、文字の装飾などを始め、色々な機能をツールバーから利用可能なのをご存知ですか?

 

PCでもスマートフォンでも文字の装飾は可能となっています。

この記事では、スマートフォン用Evernoteの機能を解説していきます。

ノートの作成

 

 

 

 

 

 

 

Evernoteのアプリを立ち上げて、右下のタップして新規ノートを作成を選択して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

次にテキストノートを選択します。

下部ツールバーの一覧解説

ここからは、ノートを編集する際に便利な機能について解説していきます。

下の画像をご覧下さい。 ① ~ ⑬ まで赤丸で番号をつけました。

①から順番に何をするボタンなのか解説していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

①太字 → 文字を太くさせます。 例 : 太文字

②イタリック → 文字を斜めにします。 例 : イタリック

③下線 → アンダーラインを引きます。 例 : 下線

④打ち消し線 → 文字にヨコ線を入れます。 例 : 打ち消し線

⑤マーカー → 文字にマーカーを入れます。 例 : マーカー

 

 

 

 

 

 

 

⑥上付き → 半分より文字を上にします。 例 : 文字を上付き

⑦下付き → 半分より文字を下にします。 例 : 文字を下付き

⑧チェックボックス → チェックボックスを入れます。 例 : ☑

⑨区切り線 → 区切り線を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑩箇条書き → 文字を箇条書きにします。

例 :

  • 箇条書きにします
  • 箇条書きにします
  • 箇条書きにします

⑪箇条書き → 文字を番号付き箇条書きにします。

例 :

  1. 箇条書きにします
  2. 箇条書きにします
  3. 箇条書きにします

⑫左へ移動 → 文字列を左へ移動させます。

⑬右へ移動 → 文字列を右へ移動させます。

上部アイコンの一覧解説

取り消し・やり直し

 

 

 

 

 

 

 

取り消し → 現在やっている作業を間違えた場合に取り消しを押すと元に戻れます。

やり直し → 例えば、取り消しで戻しすぎてしまった場合に戻りたいところまで戻せます。

ツールバーの表示・非表示

 

 

 

 

 

 

 

Aをタップするとツールバーを表示、非表示の切り替えが可能です。

画像を挿入する

クリップのアイコンをタップすると、別ウィンドウが開き画像を挿入することが可能となります。

コンピュータ上のファイルをこのノートに添付します。

PDF、MS Word 文書、画像などを追加できます。

 

 

 

 

 

 

 

文章・画像を一括管理することができ、サムネイル表示も可能となっています。

これがEvernoteが便利で手放せなくなるという理由の一つとなっています。

画像を撮影する

スマホのEvernote には、便利なカメラ機能があります。

早速メモや書類を撮影してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

上部のカメラのアイコンをタップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラが起動します。

右上のアイコンをタップすると、自動撮影と手動撮影の切り替えが可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影した画像内の文字が検索可能に。

手書きの文書を撮影しても文字を判別し検索してくれます。

 

Evernote のノートに添付した画像内の文字は検索可能ですが、Evernote カメラで撮影した画像内のテキストももちろん検索可能になります。

 

Evernote のカメラは、自動的に書類の輪郭を検出し、撮影する対象を自動認識します。

例えば、書類や名刺などを判別し、名刺ならその内容をテキスト化して名刺用の特別なフォーマットでノートとして保存します。

 

また、種類に適した画像処理を施しますので、例えば書類なら、台形補正されるほか、文字が読みやすくなるよう最適化されます。

リマインダーを設定する

 

 

 

 

 

 

 

リマインダー機能とは日付を指定して通知することができる機能です。

右上の目覚まし時計のアイコンをクリックすると日付を指定と出てきます。

通知の設定をしたい日時を選択します。

リマインダーに設定するとノートブックの左上に、「リマインダー」という欄ができて常に確認することができます。

タグを付ける

 

 

 

 

 

 

 

タグは、ノートに付けて属性をわかりやすくしたり、タグで検索して絞り込むことで、関係のあるノートを取り出しやすくしたりできる機能です。

ノートブックと同じように、タグの使い方にも正解はありません。

情報の表示

 

 

 

 

 

 

 

情報: このノートの作成日、最終更新日、元の URL、位置情報、同期の状態、ノート履歴などの情報を表示します。

保存する

 

 

 

 

 

 

 

メモしたものを保存します。

文字を一度入力しておけば自動的に保存されますが、入力した後は必ず保存するをタップしておけば安心ですね。

まとめ

Evernoteとは、あらゆる情報をクラウドで保存することが可能なツールです。

必要な情報が全て検索可能な形で保存され、メモがクラウド管理なので、あらゆるプラットフォームからアクセスできるところが便利で使いやすいです。

 

まずは軽く触って色々な情報を保存してみて下さい。

アイディア、ビジネスでの打合せ、日記、レシピ、画像、音声のようなものまで・・・

保存すればするほどEvernoteは便利になりますよ!

 

私はよく、アフィリエイトビジネスでお金を稼ぐときに、メモ代わりとしてエバーノートを使っています。

エバーノートを使って稼いでいるアフィリエイトをもう少しよく知りたければ、こちらの記事が参考になります。

 

この記事を読むだけでアフィリエイトの仕組みがよくわかる!初心者のためのアフィリエイト入門講座

ABOUT ME
Qusakabe
趣味:筋トレ、ゴルフ、麻雀、ネット、息子(2)・娘(0)と遊ぶこと。 12時間以上拘束されるのに残業代も一切でない超どブラック会社を2社経験。 「会社ってこんなものなのか・・?」っと疑問を抱き、「これだけ頑張れるなら自分で起業してもそこそこやっていけるだろう」と感じたことから起業を決意。 現在は、法人7期目の代表取締役を継続中。 ウェブで稼ぐための情報を発信しています。