WordPress

WordPressの問い合わせフォームを初心者でも簡単に設置する方法【Contact Form 7】

Contact Form 7とは

ビジネスでお金を生み出す日下部です。(^^)
ブログで、あなたの稼ぎになる情報を発信しています。

 

Contact Form 7とは、WordPressでつくったブログに、問い合わせフォームを設置するプラグインです。

ユーザーからの質問や意見を集めるために設置しましょう。

 

インターネットは相手の姿が見えないので、読者が不安を抱く可能性もあります。

そこで質問があったときに、真摯に対応できれば、あなたの好感度も上ってブログの読者になってくれることでしょう。

 

この記事では、WordPressのプラグインを使って問い合わせフォームを作る方法を紹介していきます。

 

まずはプラグインのインストールをして下さい、インストールはとても簡単です。

Contact Form 7のインストール

それでは、まずプラグインのインストールをしましょう。

もしワードプレスで初めてプラグインをインストールするのであれば、こちらのサイトが参考になります。

プラグインのインストール方法を図解と動画で初心者にわかりやすく解説【WordPress】

 

プラグインのインストールは、まずWordPressにログインします。

 

ログインできたら、管理画面の左メニューにある「プラグイン→新規追加」をクリックします。

 

 

画面が切り替わったら、右上の検索窓へ「Contact Form 7」と入力してプラグインを検索しましょう。

 

 

プラグインが表示されたら、赤枠右上の「今すぐインストール」をクリックしたら有効化に切り替ります。

表示が変わったら、有効化にするとインストールが完了です。

Contact Form 7の設定

インストールが無事に完了すると、管理画面左メニューに「お問い合せ」が表示されるようになります。

 

お問い合せより新規追加をクリックして下さい。

 

 

コンタクトフォームにタイトルを付けて下さい。

管理画面内にしか表示されないので、タイトルはお好きなもので構いません。

 

コンタクトフォームは、用途によっていくつか作成することができます。

見分けをつけるためにタイトル付けをしておきましょう。

フォーム設定

フォーム設定は、問い合わせに必要な項目を選択します。

フォームの文字の下に、追加をしたい項目ボタンが並んでいます。

そちらを追加して自分に合ったコンタクトフォームを作りましょう。

  1. 氏名
  2. メールアドレス
  3. サイトのURL
  4. 電話番号
  5. 数値(年齢確認のときなどに使用)
  6. 日付
  7. 問い合わせ内容の入力欄
  8. ドロップダウン
  9. チェックボックス
  10. ラジオボタン
  11. 承諾確認
  12. クイズ
  13. ファイルアップロードフォーム
  14. 送信ボタン

・・・以上、自分のブログのスタイルに合わせて組み合わせてみましょう。

あまり項目を増やしすぎても、読者の手間が増えてしまいます。

 

必要最低限の項目に絞って追加をしましょう。

 

上記の項目の他に「reCAPTCHA」という項目があるかと思います。

こちらは、ロボットではない事を証明するチェックボタンの設定です。

※スパム対策

 

メール設定

以下の画像は、メールの設定になります。

 

ユーザーからの問い合わせを、どのメールアドレスで受信するかの設定等を行います。

 

ここはあまりイジらなくても問題はありません。

一部、メールアドレスの入力を求められるくらいです。

 

下の矢印の部分に”Reply-To: [your-email]”というものがありますので、

その”your-emaill”の部分を、自分が使用しているメールアドレス変更すればオッケーです。

メッセージ設定

 

こちらは、問い合わせメッセージが送信された後に表示される文字の設定です。

特に変更する必要はないかと思いますが、自分にあったワードに変更して下さい。

その他の設定

 

その他の設定は、追加でフォームをカスタマイズしたい場合に、ここにテキストを入力してカスタマイズしていきます。

例えば・・・・

購入者限定でログインしている人だけが、コンタクトを利用したい場合

Googleアナリティクスを設定して、コンタクトのお問い合せ率を計測する

このような使い方をすることができます。

作ったフォームを貼り付けよう

最後は、作ったフォームを貼り付ける作業になります。

 

 

矢印の先にあるコードをコピーして下さい。

あとは、このコードをコンタクトフォームを表示させたい場所に貼り付けます。

 

例えば、以下の画像のようにグローバルメニューに問い合わせフォームをつくる場合

 

 

管理画面左メニューより固定ページ→固定ページ一覧→新規追加でグローバルメニューに問い合わせ欄をつくります。

固定ページの編集画面に、先程のコードを貼り付けるだけでフォームが完成です。

 

 

 

コンタクトフォームは、できればブログ立ち上げ最初の方に設置をオススメし・・マッスル!

まとめ

ユーザーからの問い合わせ窓口になる、コンタクトフォームの設定方法について解説しました。

WordPressでブログをつくったら、ユーザーがいつでもコンタクトできるように、コンタクトフォームは設置しておきましょう。

 

設定方法はプラグインを使えば簡単に設置することが可能です。

Contact Form 7」を使えば、項目を選択してタグを作成するだけなので簡単に設置ができます。

 

他にも、このブログでも実際に使っているこんなプラグインを紹介しています。

使えるワードプレスのプラグインはこちら

 

ABOUT ME
Qusakabe
趣味:筋トレ、ゴルフ、麻雀、ネット、息子(2)・娘(0)と遊ぶこと。 12時間以上拘束されるのに残業代も一切でない超どブラック会社を2社経験。 「会社ってこんなものなのか・・?」っと疑問を抱き、「これだけ頑張れるなら自分で起業してもそこそこやっていけるだろう」と感じたことから起業を決意。 現在は、法人7期目の代表取締役を継続中。 ウェブで稼ぐための情報を発信しています。