WordPress

リンク切れを自動で確認してくれるWordPressプラグイン【Broken Link Checker】の使い方

Broken Link Checkerとは

リンク切れとは、記事に貼り付けたURLのウェブサイトが、表示されない状態をリンク切れと言います。

記事が増えてくると、リンクが切れていても気づかない場合などが出てきます。

そんな悩みを解決してくれるワードプレス のプラグインが、自動でリンク切れを通知してくれる、Broken Link Checkerです。

 

「Broken Link Checker」の主な特徴として、

  • リンクを自動でチェックして、リンク切れの通知をしてくれます。
  • リンク切れを即座に解決できる。
  • リンク切れに横線を引く。
  • URLの編集が可能。
  • リンク切の解除、エラーじゃない選択、リンク切れから削除、再確認ができる。
  • YouTubeにアップされている動画の公開停止のチェックもできる。
  • 検索エンジンがリンクエラーと認識をしないようにnofollowに設定。

などの機能があります。

 

記事が増えてくると、手動だけではリンク切れをチェックするのは面倒で時間がかかりますよね?

プラグインをインストールして、自動で検知してくれる設定をしておきましょう。

プラグインのインストール

WordPressに初めてプラグインのインストール方法されるのであれば、こちらの記事に詳しくまとめていますので、まずはこちらを確認して下さい。

プラグインのインストール方法を図解と動画で初心者にわかりやすく解説【WordPress】

 

まずはWordPressにプラグインをインストールしましょう。

 

インストール方法は、管理画面にログイン後、左サイドメニューの中から、プラグインを選択し新規追加をクリックします。

画面が切り替わったら、右上の検索窓に「Broken Link Checker」と入力してプラグインの検索をしてください。

 

Broken Link Checkerが表示されたら、今すぐインストールをクリックし、その後に有効化をすればインストール完了です。

インストールが完了しているかの確認は、管理画面に戻り、左サイドメニューのプラグインの中に、インストール済みプラグインがありますので、一覧で表示されるプラグインの中にBroken Link Checkerが表示されていれば完了となります。

Broken Link Checkerのオプション

「Broken Link Checker」は、特別な設定などは必要なくインストールした状態で使用可能です。

 

細かい設定をカスタマイズしたいときのために、オプションの設定方法を画像入りで解説します。

 

ダッシュボードのプラグインよりBroken Link Checkerの設定を選択してください。

 

画面が切り替わったところで、赤枠にタブが確認できると思います。

タブはクリックすると切り替え可能です。以下からは、タブごとに解説をしていきましょう。

一般

Broken Link Checkerのオプションが表示されますが、赤枠のタブで切り替え可能です。

設定はこちらから行うようになります。

 

ここはインストールした状態で基本はオッケーですが、必要に応じて自分好みの設定にカスタマイズしてみてください。

 

通知メールアドレスの欄には、リンク切れの通知を受け取りたい自分のメールアドレスを入力して設定しましょう。

含まれるリンクを探す

チェックするリンクをこちらで設定します。チェックマークを入れた場所のリンクを探すようになります。

 

コメント、固定ページ、投稿にチェックマークが入っていれば大丈夫です。

投稿のステータスも、「公開済み」にチェックマークを入れましょう。

 

これはリンクチェック対象を公開済みの記事にする設定です。

チェックするリンクの種類

リンク切れをチェックしたい種類にチェックマークを入れます。

通常のリンクの他にも、動画サイトのリンク切れも検出可能です。

 

YouTubeなど画像が削除されてしまったときのために、チェックマークを入れておきましょう。

プロトコル&API

こちらは特に設定を変更する必要はありません。インストール時のままでも運用に支障はありません。

行動な設定

こちらの設定も特に変更する必要はないです。

インストール時の状態で運営に支障はありません。

リンク切れの通知

リンクが切れているときは、メールとダッシュボードにて確認することが可能です。

メール通知の場合は、通知を受け取る設定をしているメールアドレスにリンク切れの通知メールが自動で届きます。

 

ダッシュボードは、こちらを確認してください。

リンクエラーをクリックすると、リンクエラーの編集画面に切り替わります。

ちなみに、リンクエラーは、管理画面の「ツール」→「リンクエラー」からも辿り着くことができます。

リンクエラーの改善

リンクエラーの画面から、エラーリンクの確認と改善をしていきます。

URLを編集

リンクを直接編集して修正できます。

 

リンク解除

投稿からリンクの削除をします。

 

リンクエラーでない

エラーにも種類がありますが、404 Not Foundはリンク切れなのでリンクの解除をしてください。

黄色の文字の403 Forbidenは、リンク切れと疑わしきものになるので、リンクが切れていると言う訳ではなく要確認でエラーになっているケースです。

 

リンクをクリックして、リンク先のページが問題なく表示されるようであれば、「リンクエラーでない」を選択しましょう。

無視

とにかく原因がわからなくて、削除するのも迷うときは、判明するまでそのままの状態でもいいのですが、エラー表示が気になるようであれば「無視」を選択しましょう。

 

無視の場合は、問題を先送りにしているだけの状態です。

チェッカーがリンクの検出をしたら再度、エラー表示が出るようになっています。

まとめ

リンク切れは、記事が増えていくにつれて、自分では管理し切れなくなります。

リンク切れを放置しておくと、せっかくサイトに訪れてくれた読者の離脱の原因にも繋がります。

 

また、管理を怠っているブログと思われてしまい、再訪される可能性も低くなってしまいます。

すると読者離れが加速して検索順位にも影響を及ぼします。

 

Broken Link Checkerはプラグインをインストールするだけで、リンク切れを自動検出してくれる便利なものです。

 

ワードプレスをインストールしたら、早めにプラグインのインストールをしておきましょう。

ABOUT ME
Qusakabe
趣味:筋トレ、ゴルフ、麻雀、ネット、息子(2)・娘(0)と遊ぶこと。 12時間以上拘束されるのに残業代も一切でない超どブラック会社を2社経験。 「会社ってこんなものなのか・・?」っと疑問を抱き、「これだけ頑張れるなら自分で起業してもそこそこやっていけるだろう」と感じたことから起業を決意。 現在は、法人7期目の代表取締役を継続中。 ウェブで稼ぐための情報を発信しています。